老後 遺言書4662

老後 遺言書4662

「夏の参院選で改憲を党公約の重点項目に掲げる方針で、『選挙での訴えを通じ、党の積極的な姿勢をアピールしたい』と岸田は強調した。」

改憲が争点となる。岸田の視点は間違いが多い。政策が誤っているというより視点が間違いである。円安の理由を「ロシアのウクライナ侵攻」としているが自民党の30年に渡る借金政治である。借金を続けていれば日本の信用が落ちて円が安くなるのは当然。間違った理由で円安の対処が出来るわけもない。黒田日銀総裁も円安対策を放棄しただろう。黒田のサイコパス金融がいまだに続いているという事。岸田も円安対策を放棄して改憲を党公約の重点項目に掲げる方針にするしかない。円安対策などあるわけないのであるから。円安対策を自民党の頭が放棄した。円安が猛威を振るうだろう。国民の生活は沈下の速度を速める。憲法など構っている暇が無いのである。『選挙での訴えを通じ、党の積極的な姿勢をアピールしたい』と見えていない岸田はおかしなテーゼを述べる。政策の破綻した自民党が支持されるのだろうか。【岸田の視点がおかしいだろう】

金融サイコパスが日本中をサイコパスに飲み込んだと言える。だいたい30年も借金で政治をするなどサイコパスしか考えられない。財政は日本の基盤である。このサイコパス思考が日本のあらゆる生活に浸み込んでしまった。思考の基本がサイコパスなのである。金融は国の基本である。基本が違って流布すれば国の思考が誤ったまま流れる。その誤りが金融サイコパスである。このサイコパスが国の隅々まで浸透してサイコパスが国に流れる思考になってしまった。国民がサイコパスに馴染んでしまった。借金をいつまで続けることはできないという常識を飛び越えた時国民にサイコパスが定着した。安部、菅のサイコパス政治が支持される理由にもなった。民間のサイコパスは性犯罪に現れる。あらゆる種類の性犯罪がyoutubeで報道されている。官民共にサイコパスに汚されているのが今の日本。【ロシアのウクライナ侵攻のようにサイコパスの終わりは破壊 日本も破滅するのか】

国民の三分の二は不倫をしていない。国の生産力の三分の二は健在であると仮定して民主主義も残存している様子。安部、菅に散散壊された民主主義が残っている。これで日本は復興できるのか。借金を続けた自民党政治が終われるのか。自民党政治は円安の猛威に日本が晒されてしまえば終了だろう。国民の目線はどちらに向くのか。今自民党支持は過半数であるようだが金融サイコパスを続けた自民党に対する目がどのように変化するのか。私は自民党的なものが残ると希望を抱かせる将来に対する夢が見られないと思う。【自民党政治には夢が無い】

自民党政治はよくぞここまで日本を弱体化してしまったものだと考えている。戦後の復興の夢を壊してしまったのが自民党政治。金融サイコパスで日本の金をここまで減少してきたのが自民党政治である。だいたい借金が永遠に続くという政治を続けてきたのが自民党政治。どういう思考であるのか理解できない。その思考がサイコパスで日本の隅々まで広げてしまった。基本にサイコパスが膠着した思考が社会に流れてしまった。世間に流れている思考は自己中心的で他人には冷淡な罪悪感の無いサイコパスだろう。そんな思考であるなら未来に夢を持ったり生産的な気持ちもなえてしまう。自民党の作った世相はこれである。再生する気持ちもなえてしまう。世間でもサイコパス一色性犯罪が荒れ狂っている。ただ三分の二の国民は不倫していない生産力のある家庭を守っている。【それと安部、菅にボロボロにされた民主主義がまだ残っているようなので自民党政権が消えたら再生もあるかもしれない。】

~スペインの家族 これが生産力のある家族 日本も昔はこうだった~

安部賛歌百十三節二章

【岸田の視点がおかしいだろう】

【ロシアのウクライナ侵攻のようにサイコパスの終わりは破壊 日本も破滅するのか】

【自民党政治には夢が無い】

。【それと安部、菅にボロボロにされた民主主義がまだ残っているようなので自民党政権が消えたら再生もあるかもしれない。】

(黙)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中