老後 遺言書4743

老後 遺言書4743

「旧統一教会と創価学会との違い」

双方類似点が少なくない。なんと旧統一教会物が三連続。よほどに興味が持てたのだろう。全部で5回ぐらい書いたのではないか。旧統一教会の犯罪はまことに奇妙、曖昧な事件である。奇妙であるはずである。旧統一教会は韓国の新興宗教である。常識が日本と違うのだろう。自己破産するほど寄付を強要するシステムがある。息子の大学資金まで寄付してしまう母親と息子の関係まで切ってしまう教義があるようだ。日本であったら家庭を断絶するまで寄付を強要するなど稀なケース。新興宗教であるから教義は自由であるが犯罪を起こせば別である。日本の法治で捜査されてしかるべき判決が成される。正常な司法なら家庭を破綻させる教義には非を唱えるだろう。捜査はするべきである。山上氏の母親は日本に置いて異常な人である。家庭を破綻させる人間は日本に置いて異常。異常な人はどこにでもいる。それを集団化させると犯罪になる。その捜査、判決を抑えていたのが安倍である。安部が教団の犯罪を抑えていた事実は報道されている。教団の犯罪の報道を抑えたのも安部である。国家が宗教と密接な関係を禁止した条項が憲法にあったはず。【少なくとも国家と宗教の関係が密になることは反社である】

密であるから教団の犯罪は安部を首長とした政府の犯罪と言われて反論できるか。犯罪の賠償をするのは政府である。これまで旧統一教会の論評を述べてきたがここでとんでもない犯罪が浮かび上がってきた。民主主義において報道の弾圧は犯罪である。その犯罪を政府が長年続けていたことが今回の浮上してきた旧統一教会の問題で明らかになってきた。旧統一教会に関する報道が抑えられてきたのが奇妙な異国の新興宗教がいまだ多くの信徒を持っている理由だろう。選挙に人を出せるほどに信徒を持っている。最近減少しているという声もある。安部も死んで減少は続くだろう。異国の犯罪集団の新興宗教は日本から消えてほしい。報道、捜査を抑えてきた犯人はこれまで安部一人であったがこの問題で自民党から出てきた関係者の数は少なくない。報道、捜査を抑えている組織は大きな権力を持っているのだろう。こんな犯罪集団を明らかにするのは日本の為。【日本の報道の自由だいたい世界で70位くらい最近100以下の話もある 日本は文化国家の建前】

それで創価学会の方であるが同じ新興宗教類似点は多い。双方共に信徒を集めて献金で学会運営をする。共に政治に関係している所も同じ。政治に関係して信徒も集まるのか。政治の中にいると社会的に認められる。創価学会が旧統一教会と違うところは家庭を壊さない所か。緩やかな寄付と言うところだろう。これが日本的である。家庭を自己破産まで追い込むなど日本人の中で人気が出るとも思えない。人気を維持してきた理由は安部の報道規制である。日本の法治による捜査を安部がやらせなかった。犯罪を見えるところお少なくして一定の信徒を得てきた。旧統一教会は安部がいなければとっくに日本から消えている宗教。【安部を射殺したのは正に犯人を殺したことになる 安部が教団の犯罪の真犯人】

創価学会に関しては政教分離の問題がある。公明党の言う政教分離はそれほど確固とした理由が無い。宗教をしていて政治もやる。その関係をはっきり分離するのは難しい。世間が納得するような説明が必要だと思うがそれがどれほどの代物なのか一般の国民には理解が難しい。それでも公明党は長い間政教分離を続けてきたのだから論理的防衛も整っているのだろう。旧統一教会の問題が世間で盛り上がっている。政教分離に対しても世間の注目があるのでは。私は公明党の婦人をちょっと尊敬している。彼女らには倫理観があるように見ている。山口代表の話にはいつもイライラが募る。政権の一員であるのに話が何時も他人事に聞こえる。問題に関するしっかりした意見を言わない。公明党に問題があるとしたら代表である。若干の不信感を持ってみている。ここら辺から旧統一教会と一致したところが出てくる。構造として政府との密接な関係は旧統一教会と一緒。、教えの根本にあるのは、日本は韓国を植民地支配したんだ、と。その罪を犯したから日本からお金を取るのは当然なんだ、と。それも、しかも物言いがある種、品のない言い方で日本を侮辱したような言い方をしているんです。それなのになぜ、これは日本の保守の層が最も反発しそうなことなのに、なぜ保守政治家たちがこうした協力関係を平気で築いているのか。これ私、よくわからないんですお最後はほとんど自民党案に賛成する。これも旧統一教会と同じ。【旧統教会と同じであるとは言わないが政教分離に触れるところはやはり気になる】

ソース画像を表示

~心持民主的な発言もあるがしっかり自民党政治と密着している所が旧統一教会と同じ 利権の共有は正に旧統一教会~

「政府の一員であるが政策的な説明は淡白で具体性が無い どうでも良い発言ばかり」

安部賛歌百十九節十章

【少なくとも国家と宗教の関係が密になることは反社である】

【日本の報道の自由だいたい世界で70位くらい最近100以下の話もある 日本は文化国家の建前】

【安部を射殺したのは正に犯人を殺したことになる 安部が教団の犯罪の真犯人】

【旧統一教会と同じであるとは言わないが政教分離に触れるところはやはり気になる】

(黙)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中