老後 遺言書4745

老後 遺言書4745

「女子生徒の洗濯ネットを盗み、逮捕の37歳の小学教諭・・・わいせつ動画や画像、自宅に68万点「年少者に興味があった」

洗濯ネットの形が分からない。わいせつ動画や画像、自宅に68万点「年少者に興味があった」がこの教師の本音であるだろう。個々の性犯罪として扱われているが教員の性犯罪がこれほど大量に報道されている現在に対して文科省は対策を取っているのだろうか。個々の性犯罪の教師に対する賞罰、教育委員会、校長などの姿勢にばらつきがある。文科省がこの問題に対策を行っている姿勢が見えない。個々の性犯罪として放置している。「わいせつ動画や画像、自宅に68万点『年少者に興味があった』」この教師は幼児性愛者であると断定すると小学校、子供だらけの環境に置くことの危険性はただならぬ緊急性を持つ。この程度の幼児性愛者教師の事件を何十も何百も報道で国民は確認している。女子のスカートの中を盗撮するなど軽度の性犯罪を含めると何千例も見た気がする。あらゆる性犯罪が盛っている現実の日本の一隅にある危険性の高い問題、犯罪である。文科省は「性犯罪」と言う部署を作り対処しなければならないと思う。【忖度官僚でも何でも連れて来て緊急に行わなければならない文科省の仕事ではないか】。教員の性犯罪、なかんずく国民の三割が行ってる言われる不倫はサイコパスは犯罪の原型、犯罪そのものである。

政府の仕事はいつもトロい。世間で問題が発生してそれが恒常化して規模が大きくならなければ対処しない。殺人でなければ警察は動かない。遅いうえに忖度官僚で仕事が出来ないがずいぶん昔から続いてきた政府に対する国民の評価であった。教員の性犯罪の対応は緊急性が求められている最近の社会情勢である。子供たちの真ん中に幼児性愛者がいることは緊急だろう。全国の教育委員会に教師の性犯罪に十分な注目をすることを指令することは文科省の仕事だろう。校長をこの手の犯罪に対応することの教育をすることも文科省の仕事、いじめなども私は性犯罪の一環と見るが対応する教育委員会、校長もいまだ自己保全で問題解決に消極的である事は各地の父兄の口にしばしば乗っている。文科省はどこを向いて仕事をしているのか。旧統一教会の名称変更などに時間を割いて幼児の危険性を放置しているように見える。文科省大臣が旧統一教会のシンパであったことが立証されたような世評。嘘つき議員を文科省大臣にするな。【文科大臣委は人間的にまともな議員を持ってきて欲しい 子供たちの教育をするところ】。下村伯文に文科大臣をやらしたらダメだ。子供たちが嘘つきになる。

教師の性犯罪の世界にも不倫が入り込んでいる。不倫は反社。反社の教師。性犯罪の教師は元々反社。教師の不倫では殺人も出ている。不倫はどこにでも潜り込むサイコパス。性犯罪の教師より不倫の方が問題は数十倍大きいだろう。国民の3割が携わっている犯罪。不倫には悪の全てが盛り込まれてる。悪の全てと言っても無数ではない。悪を分類すると幾つかの山に分かれる。その山の全てに不倫はかかわっている犯罪。不倫は嘘の犯罪である。夫に嘘を付いて不倫になる。嘘はサイコパスの主要要素。不倫はサイコパスそのもの。自己中心で他社には冷淡だろう。まことに自己中心なのが不倫。当然反社である。罪悪感が無く口が上手く表面紳士的、淑女的。このようにサイコパスの全てに当てはまる。文科省だけでなく政府は全力で不倫に対策を講じてほしい。不倫は日本最大の犯罪である。あらゆる種類の性犯罪が盛っている理由も不倫が主体で行われているから。不倫は政府のストレスを持たせる政策が原因。政府の借金政治がストレスを国民に与えそれが原因として不倫が盛る。不倫に限定してもこれ以上盛るのを防ぐ責任は政府にある。【不倫は政府が乗り出して対策が無ければ収まらない】。幼児性愛者を小学校の子供たちの真ん中に置くのは危険で緊急に対処しなければならない。

岸田の聞く耳が信じられない。民間で盛っている犯罪に対処して政府だろう。岸田の耳は正鵠な問題を捉えてない。なるほど物価高昇には手を出さなければならない。それさえまるで間違いの政策を出している所日本の政府がいかに劣化したかを国民に示すのみ。正当な対策をしなければならない。それが出来ないのであれば政権を投げ出せ。今岸田の出している政策はトンチンカン。少しも事態が良い方向に動かない。トンチンカンであればそういう事になるだろう。岸田は今日本にある問題を知らない。不倫の対策、学校における幼児性愛者、政府に報道を規制して犯罪者を無罪にする犯罪グループがある事に対する対策など岸田の頭には無い。どうでもよい問題で頭は占められている。安部の国葬は終わったのかそんな報道を見ていない。安部の国葬などどうでも良いことだろう。【世の中どちらを向いて進むのかサイコパスの世の中どこへ行くのか分からない】

いいのは愛想だけ、3度目ワクチンで「無能」さらけ出す岸田政権~

「目標は何かが分からないばらばらな政策 安部のカリスマなど無い方がいいが少なくとも目的に向かって地道な努力を続ける姿も無い」

安部賛歌百二十節二章

【忖度官僚でも何でも連れて来て緊急に行わなければならない文科省の仕事ではないか】

【文科大臣委は人間的にまともな議員を持ってきて欲しい 子供たちの教育をするところ】

【不倫は政府が乗り出して対策に無ければ収まらない】

【世の中どちらを向いて進むのかサイコパスの世の中どこへ行くのか分からない】

(黙)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中