老後 遺言書4855

老後 遺言書4855

「毛バ部氏の言葉に痂疲を見つける能力の凄さ」

毛バ部氏の放映は見逃さないようにして視聴している。毛バ部氏の感覚が私の感覚とほとんど同一であると感じている。基本は反自民党と言うか政府の政治に突っ込みを入れ続けている姿勢に共感。突っ込みであるが今の自民党程突っ込みがいのある政党は無い。自民党の全ての政治が突っ込みどころ満載なのである。巨大な問題は旧統一協会との修羅場のような関係である。安部、自民党は統一協会の犯罪を守り世間から協会の名前も消した。NHKが最後まで統一協会の宗教名を出さないで報道していたことを認識している国民がどれだけいるか。NHKは完全に安部の指示を守った。統一協会は表面に出ることなく思う存分過激な犯罪を続けた。旧統一協会の犯罪は自民党の犯罪である。安部は協会の犯罪を隠して広告塔になり犯罪は一心同体である。十分安部は国賊、非国民、売国奴である。安部はこの事実を隠して8年も日本の首相を続けていた。【それで日本がどうなったかは岸田内閣の暴発、混乱がどうなったかの結末である】

毛バ部氏の政府声明、国会審議、野党のヒヤリング、某高官の発言に対する突っ込みで何度も驚いた。私など普通に耳に入ってくる会話の一部に対する突っ込みである。多くの国民も私と同じだろう。普通の会話に見えた政府答弁に毛バ部氏が突っ込を入れるとそこから問題が浮かび上がってくる。何度も驚きの気持ちで聞いた。例えばある時茂木幹事長の発言に大層怒っていた。茂木の「はー」で気分が悪くなったそう。その理由を聞いていくと「ハー」と言った時の茂木の態度が上から目線で気分が悪くなったとか。毛バ部氏の話を聞くと気持ちが悪くなった理由に共感した。まるで大した政策も出せないで失敗ばかりの政府に権威があると錯覚して国民を見下すような茂木の発言に嫌悪を感じたのだろう。お前らの政府にどんな権威があるのか。【この嫌な流れを国民が共有しているだろう】

もう一人河野太郎の発言に毛バ部氏は怒っていた。こちらの方は共感など面倒くさくなく河野太郎の映像を見てすぐに私も嫌悪した。誰でも河野答弁を続け太郎が嫌いになるやり取りであった。記者の質問に全く答えず「次の質問をどうぞ」と答えていた。一回ならこれもあるかと曖昧に見過ごす答弁だが見ている間に5回続けて全く同じ答弁を続けた。相手の記者は数人だったが一人で複数同じ質問した女性記者に対して人を食った同じ答弁であった。今度は男性記者が同じ質問をぶつけたが答弁態度すべて同じ。対人関係でこれほど失礼なやり取りを始めて見た。質問に答えなくてもいいのだと究極の上から目線。これは政府の大臣だという権威によるのだろう。そんな権威を今の政府に感じる国民は居るのか。失敗ばかり驚く人事で国民を唖然とさせている政府に権威は皆無。権威の無い政府が記者の質問を無視する態度が醜悪。河野太郎は醜悪な男である。【河野太郎は人として基本の話が出来ない議員】。話の出来ない議員は何の価値もない。

~好感も少しはあったが記者会見の河野太郎を見てすっかり嫌いになった 見ている間五回も記者の質問に一言も答えず「次の質問をどうぞ」であったこんな政治家初めて見た~

「記者だって国民の一人 国民の疑問を聞いているのに無回答 貫くべきが信念が無回答かい 毛バ部氏に指摘されなくても異常性を理解した」

茂木であり河野で有れ次の首相と見られているのだろう。岸田も終わりが見えて来て首相の座が開く趨勢。二人が共に国民に悪影響を感じさせる真意はあるのか。毛バ部氏の言葉の突込みで二人の悪意を受け止めた。これから政界を見る目が少し異なるだろう。私が反対しても権力の隘路でどちらかが首相になっても仕方がない。【少なくとも私と言う国民の一人は茂木、河野の首相は有りえなくなった】

安部賛歌百三十節九章

【それで日本がどうなったかは岸田内閣の暴発、混乱がどうなったかの結末である】

【この嫌な流れを国民が共有しているだろう】

【河野太郎は人として基本の話が出来ない議員】

【少なくとも私と言う国民の一人は茂木、河野の首相は有りえなくなった】

(黙)老後党員募集

老後 遺言書4834

老後 遺言書4854

「伊藤詩織さん中傷、再び賠償命令 漫画家イラスト、東京高裁」

虐めの心理が社会にはある。恐らく人間死ぬまで他人を虐める気持ちをどこかで持ち続けるのだろう。虐めという行為は子供の時に始まる。生まれた時に人を虐める要素を持ってくるのではないか。生まれた時に持ちあわせている意識には人を愛すというものもあるはずだ。虐めと人を愛する意識相反する混在したものが幼児の心に内在している。大人になる過程で多くの人は虐めの意志を捨てる。気持ちを遮断するという具体的な行為がどこかにあるはず。劣情と呼ばれる意志も削がれて大人に成長する。劣情の「劣」は大人の社会が設けた情の段階だろう。子供時代の劣情に類するものを遮断し続けるのが大人への変遷だろう。劣情は普通に大人の世界で存在している。それで虐めも大人の世界に存在する。虐めは劣情の中でも小さいが存在していることは社会に現れる現実でその存在が実証される。【「伊藤詩織さん中傷、再び賠償命令 漫画家イラスト、東京高裁」は虐めである】

虐めは弱いものを痛めつけるという行為。伊藤詩織さんは弱い立場であった。山口と言う強姦犯の企みに陥り強姦された。女性にとってレイプは最大級の被害。どこから見ても山口の強姦であった。酒に酔わせて恐らくレイプドラックまで使って伊藤詩織氏の意識を失わせて衣服を脱がして恐らく全裸状態の被害者を蹂躙した。山口の劣情を満開解放した。その被害者をいたぶるのが虐め。枕営業とまで揶揄したのが虐め。体を提供して職を得たという虐め。酷い虐めに「いいね」25回も付けた杉田水脈が政務三役で国家のセクハラ防止の仕事をするそう。岸田内閣の支持率低下も当然と見るしかない。三権分立の立法の長の細田は女性記者に「私に添い寝をしてくれないか」と言ったと家庭でも普通に流れる報道があったが世間では単なるセクハラとなっている。羽生田と並ぶ壺議員と認定されている細田が岸田の言う丁寧な説明は一枚の紙を出しただけ。なるほど岸田内閣の支持率低下は続くのだろう。この劣情満開の恥ずかしい政府の閣僚の河野太郎が記者会見で見せた菅並の上から目線の発言には怒りが収まらなかった。【高裁で虐めに判決が出て55万円の罰金を受けた杉田水脈に政府の権威など無いだろう】。河野太郎が偉そうに酷い答弁を繰り返すのが異常に見えた。岸田内閣に政府の権威は無し。

今回判決が出た漫画家も女性らしい。杉田水脈も女性。同じ女性なら強姦の被害者に寄り添う発言、行為をするものだろう。真逆に虐め。虐めに男女の区別はない。虐めと言う劣情を発散するのが快楽。快楽と言えば劣情のナンバーワンは不倫である。不倫は劣情そのもの。結婚式で契約したのにかかわらず夫以外の男に股を広げる浮気嫁。家族を放棄して若い女に入れあげる夫。日本は劣情列島ではないか。不倫を行う男女国民の3割と言う数字がこの30年続いているのではないか。政府も民間も劣情列島内であるため虐めなど子供の時代に削除されたであろう物の数字が上がり世間に杉田水脈の様に見えるところに出てきた。劣情を抑えるのが大人への過程。劣情を卒業して自意識が堅固で広い視野を持つ人を大人と言うのだろう。劣情を身に付け壺議員である細田は大人ではない。せめて政界のトップには大人が付いてほしい。羽生田はメロメロ壺議員。岸田内閣の人員に大人を見ることがほとんどない。劣化が進んで極限になったか。ガキの河野太郎が次の首相の声が高いとか。茂木幹事長も首相の声があるが最近の発言を見て任にあらずと断定。河野、茂木共に政府に権威があると錯覚上から目線。【自民党には岸田が終わっても他に候補者がいないようだ】

河野太郎 に対する画像結果.サイズ: 312 x 160。ソース: indianexpress.com

~自民党が安全保障を放棄している 統一協会と政策一致は日本の国民が命の危険を感じるほど政府が壊れている事 国に権威が無くなっている 今でも国に権威があると錯覚しているのだろう国民に上から目線の発言をつづけている河野太郎 馬鹿大臣 馬鹿男 あんちゃん政治家~

「記者の質問に答えず『次の質問をどうぞ』5回も続けていた馬鹿大臣 同じ人間に見えなかった」

しかし安部が死刑になった後の世の中正常に戻る雰囲気がある。「伊藤詩織さん中傷、再び賠償命令 漫画家イラスト、東京高裁」も正常な常識の判断だろう。これは「山口無罪」より常識だろう。そういえば「山口無罪」を出した検察だか裁判所の丁寧な説明を聞いていない。それで全く納得していない。「山口無罪」が出るから私は日本は少子化で心配することになる。国民が納得できない、理解できない判決が出る国で子供を産もうとする人は減るのではないか。検察、裁判所にも役割がありあまり無法な判決は世の中住にくくなる。「山口無罪」は無法。それにしても伊藤詩織さんの勝訴は両手の指が必要になるほど数に上る。まともで正しいここが社会出で正義。杉田水脈政府政務官は社会で不正。それにしても岸田の抱える政府の閣僚は思い切り国民が疑問を感じる人たちだけ。思い切り間違った任務責任であるとさえ思える。支持低下に納得。【岸田に人を見る目があるのか】

安部賛歌百三十節八章

【「伊藤詩織さん中傷、再び賠償命令 漫画家イラスト、東京高裁」は虐めである】

【高裁で虐めに判決が出て55万円の罰金を受けた杉田水脈に政府の権威など無いだろう】

【自民党には岸田が終わっても他に候補者がいないようだ】

【岸田に人を見る目があるのか】

(黙)老後党員募集

老後 遺言書4853

老後 遺言書4853

「家族」

家庭程エネルギーの集まっている所はない。人の関係も家族程密なものはない。大企業のエネルギーほど量は無いが構成員の数に比して生活と言うエネルギーは煮詰まっている。そういうエネルギーが集まって国民が存在している。集まったエネルギーは膨大。日本に限らず家庭がその国の基礎産業。基本的に家庭、家族では男尊女卑は無い。男と女が作るのが家庭、家族である。女が家庭の中心である家族は普通の存在。男が家の中心である家庭も多いがこの思考はどんどん崩壊しているだろう。男は外に出て稼ぎ家族を養う形態が今でも主流であるが女が中心になっている家事も生産活動で男の稼ぎと匹敵する。稼ぎの少ない男は労働価値の家事の下である状態。共稼ぎが普通になっている。【我が川添家も共稼ぎ 夫婦共に教員であった ちなみに見合い婚】。見合い婚は周りの大人たちの常識で作られた結婚だと思っている。もう50年近くも夫婦を続けている。

日本の中で今、現在最も劣化の激しいところは政治である。政治が劣化している国は何をやってもうまくいかない。自民党の政治で何か結果を出したものが在るか。安部、菅、岸田時代国民が納得して賞賛する結果は絶無だろう。自民党は安全保障でも最低である。自民党自体が外国の犯罪集団に牛耳られている始末。国防費2倍を審議する前に旧統一協会の問題を解決する方が先だろう。私は最近政府の行う国民が考えられない人事は統一協会が原因である疑念が抜けない。自民党員が書いた統一協会との政策同意書は自民党が旧統一協会に丸め込まれた証拠であると私は見る。統一協会の犯した犯罪は全て自民党の犯した犯罪と言えるほど旧統一協会と自民党の関係は密である。長い間自民党は統一協会を守ってきた。その間統一協会は自由に日本の家庭を壊し続けた。犯罪の責任で言えば犯してきた者と保護、守ってきた者は同罪である。山上氏の母親から一億円強制寄付をさせたのは自民党であるという認識を持つ。【自民党は犯罪集団 壺議員は売国奴】

画像

~国内では岸田降板のニュースが満載 外交で仕事をしているふり 外交で安部以来国民が納得して歓迎した結果は無い~

「国内では出来ない岸田がトレンド 外交で出来る仕事があるわけもない」

山際、羽生田、細田、下村のなどの手は様々な犯罪で血塗られている。彼らは無論400だか居る自民党の壺議員全員が犯罪者である自覚が無い。自民党も犯罪者であるという自覚が薄い。事実を見る目が無いのだろう。事実を見る目の無い自民党の政治は退化している。事実を見ない政治に国民の納得する結論が出てくるわけはない。モリカケ桜、公文書偽造の結果も曖昧にぼかした。自民党のできる政治とは曖昧にぼかした結果だけ。劣化の極め。【旧統一協会と一緒に日本から放逐しなければならないのは自民党】。世間の動きも精力的だ。自民党が犯罪者であるという証拠をこれでもかと言うほど掘り出している。山際と統一協会の関係の証拠を掘り出した勢いが続いている。山際はその都度事実を認めたが大政党の自民党はそれほど軽薄に事実を認めるわけにはいかない。山際の様に記憶喪失になることも出来ない。世間は統一教会事件の解明一筋の様態。旧統一協会の事件が究極まで行き統一協会を日本から排除した時恐らく自民党は解党するだろうと想像している。

家庭の問題に少子化が関係するだろう。少子化は自民党の劣化が関係する。人口の増減は政治の通信簿少子化は30年も続いているという事は政治の劣化も30年続いたという事。子供を産みたくない時代が30年という事。安部、菅時代と言うより自民党時代が子供を産みたくなる環境で無かったという事。国民が納得できる政策を今の自民党には作る力も無い、作る意欲が見られない。結果が出せない。国民が納得歓喜する政策など池田隼人氏の給料二倍政策以来見たことが無いように思う。政府を諦めるしかないのか。家庭では生活が続けられている。出産は家庭での最重要生産。しばらく辛抱して出産は続けて欲しい。そのうちまともな政府もやってくるだろう。世界の人口が80億と言う数字が昨日報道されてきた。人口を増やすことは無い。同じ数出産するように工夫しよう。それと子供の教育。犯罪政党の自民党を支持するなど考えられない馬鹿な国民を作ることはやめて自我をしっかり持つ子供を育てよう。【家庭が残っている日本にも未来はまだ残っていると思いたい】

安部賛歌百三十節七章

【我が川添家も共稼ぎ 夫婦共に教員であった ちなみに見合い婚】

【自民党は犯罪集団 壺議員は売国度】

【旧統一協会と一緒に日本から放逐しなければならないのは自民党】

【日本にも未来はまだ残っていると思いたい】

(黙)老後党員募集

老後 遺言書4852

老後 遺言書4852

「誰がこれほど出来ない男をコロナ対策の責任者にしたのか 壺議員に重要な仕事を任せる岸田の任命責任 コロナ対策軽視」

国民全員が持つ疑問。山際にコロナ対策などできるわけはないと全ての国民が思っていることだろう。自民党にコロナ対策などできないと思う国民は多いだろう。だいたい第八波に突入した日本のコロナ対策は最初の対策からこれまで失敗であったと判断する国民は多数派になっている。失敗なりに対策は続けられた。コロナ対策は最初から失敗していた。コロナの最初のころの首相は安部であった。安部は山際と同じように実務を熟すスキルが無い。安部には長い時間のかかる事の問題解決の能力が欠けている。目の前の短い問題事件の対応が安部のスキル。コロナが八波まで続くという展望を働かせる能力が無い。今八波で止まるという人はいないだろ。これだけの長いスパンの展望を安部に求めるのは無理。最初の失敗は首相が安倍であった事、何百名か居ると言われる医系官僚の能力が低かったこと。万冊の佐藤記者は最初から政府の対策に科学的根拠が薄いことに怒り狂っていた。【私もその報道を見て佐藤記者の言葉が正論であると思った】

毎回医療破壊を見て政府、自民党のコロナ対策が成功したという国民は一人もいないはず。世界最大の感染者であるという日本を見て自民党のコロナ対策が成功したという国民もいないだろう。八波で今急上昇を続けて世界最大感染者になる事はほぼ確定。これだけの失敗を続けながら今回政治家の中でも最も信用できない山際にコロナ対策を任せる岸田の任命責任の感覚もすごい。自民党は一体仕事をしているのか。仕事と言えば毎日3時半に起きて365日朝食を作る嫁の方が仕事をしていると実感できる。家事はあらゆる産業の底辺産業。自民党の今の仕事は嫁のする家事以下。医療技官の考えることは自分の為の利権、天下り先を第一に考えてコロナ対策を作っていると佐藤記者は指摘していた。最初のコロナ対策が今まで続いている失敗の初めはコロナ対策軽視だろう。安部の頭ではコロナの恐ろしさを理解できなかった。アベノマスクの形状を見れば科学的でないことが一目瞭然。岸田は安部のマスクを几帳面に付けて安部の後を付いて回っていた。基本コロナ対策は間違いと言われている。【コロナ対策軽視の政府、自民党の姿は変わらないだろう】

岸田首相

~岸田は本当に何時教会の被害者と会ったのかと疑問視されるほど旧統一協会の日本からの放棄に後ろ向きの姿勢~

「統一協会の活動停止になれば自民党が解党しなければならない事実が旧統一協会から出てくる恐れ」

これ程間違いを続ける自民党を見ると自民党に新しい政策を作る能力が無いという事になる。国民の命を守る力が無くなっているのが自民党。防衛費2倍は日本の安全保障を強くする為だろう。自民党の国会議員が旧統一協会と政策協定する書類に何名も出てきた。他国の犯罪集団と政策を同じにするほどの関係、安全保障の面から考えるとボロボロだろう。統一協会の事件が終わった後に国防費2倍の論議に入るが流れではないか。ボロボロにした安全保障の自民党が国防費で議論するなどおこがましい。統一協会と自民党にはまだ隠されている関係があるはず。どこまで関係が密着していることか。政治の内部まで自民党は統一協会に捕まれている。【どこに安産保障の守りがあるのか分からないで国防費2倍と言われても論外】。自民党が最大の安全保障上の弱点。政治そのものが外国の勢力に犯されていないか。外国のスパイの壺議員は売国奴。

今のんびりした言い訳で世の中で許してもらっていると思っている壺議員は旧統一協会への質問、反社と認定されると壺議員に対する世の中の視線が厳しくなるだろう。壺議員は外国のスパイまで国民の意識に流れ込むと自民党員の半分は議員を離職しなければならなくなる。さすがに自民党は解党。このスパイに対し、国民の脳内で憎しみが激しい。国民に与えた膨大な被害の隅々まで今報道されている。私も被害者の家庭の話を聞いて唖然としてしまった。これほど過酷に日本国民に対する被害を与えた旧統一協会への怒りが沸き起こる。その手先を自民党員を中心とした壺議員であることにそれ以上の怒りを感じている。羽生田、細田、下村、山際などに対する怒りは収まらない。直接岸田内閣の閣僚たちである。岸田内閣に怒りが収まらない。この怒りは国民の多くが共有している。この怒りが岸田内閣の支持率低下を示しているという事。【自民党の存在など消し飛ぶ怒りである】

ソース画像を表示

~「『人づくり革命』を所管する大臣もやっていましたが、何かの間違いなんじゃないでしょうか。ネチネチと物事をあげつらってくるのが本当に嫌」~

「本当に嫌われている人のようだ次の首相は困難 本人は自信満々なのだろう もう少し大きくならなければ首相は無理」それでも自民党には人が居ない。

安部賛歌百三十節六章

【私もその報道を見て佐藤記者の言葉が正論であると思った】

【コロナ対策軽視の政府、自民党の姿は変わらないだろう】

【どこに安産保障の守りがあるのか分からないで国防費2倍と言われても論外】

【自民党の存在など消し飛ぶ怒りである】

(黙)老後党員募集

老後 遺言書4851

老後 遺言書4851

「ハー、それは政務調査会の人事ですので政務調査会に聞いてください たらい回し」

茂木幹事長の記者会見での話。「ハー」が感じ悪い発言であったと毛バ部氏は言っていた。質問をした女性記者に対するパワハラかと言うほど感じ悪く感じたと言っている。政務調査会の長は羽生田、壺議員の権力を国民に見せた一幕である。なぜか壺議員の勢いが強い。自民党に400もいる壺議員、会派でも出来たのか。壺議員の構成員は800になるかもしれない。旧統一協会の解明が進んで詳細が国民の目にも明らかになれば自民党が必死に隠蔽していたことも出て来て事件が確定が進めばまだまだ出てくる事実を見て判断をするのは国民である。国民の判断が常識である。政府の判断と言われている代物は嘘に塗れた非常識。多くの事実を見れば論戦で国民の常識が勝つ。論として政府自民党の主張するものは嘘に塗れた虚論。政府自民党の主張は全て虚論に聞こえる。コロナ対策の自民党の論は失敗とするのが世論の常識。【山際のコロナ対策大臣格まで全てが失敗】。コロナ対策の詳細な見直しは必要。コロナは八波で終わる制限もない。

自民・茂木幹事長

~ 茂木氏は「人事について常に適材適所で行われていると考えておりますが、ご指摘の本部、これ政務調査会の人事でありますので、そちらに聞いてください」と語り、適材適所の認識を示しつつも、岸田文雄首相の人事に関して突き放した印象を持たせた。~

「なぜか政界でも嫌われる人一般国民には知られていない性格でもあるに違いない 出身大学は東大、安部、菅、岸田より常識は持っているように見えるが 国民的には微妙」

この茂木幹事長の言葉毛バ部氏が切り分けて示してくれた。こういうところ私は毛バ部氏に頼り信頼している。「ハー」はなぜそんな分かり切ったことを知らないのという事だろう。国民は壺議員が政治を行う自民党の内情など知るわけもない。あり得ない事実であるから知るわけもない。壺議員の政治など別世界の出来事。羽生田、細田、山際のやる政治など知るわけもない。知りたくもない。国民から途絶して別世界の政治。女性記者が常識の世界から質問するのは当然。常識の世界では決して理解できない政治判断であるから。別世界に入り込んだ茂木にしてみれば現在の権力の錯綜から見て分かって当然の話なのだろう。一般の国民には分かりようのない自民党、政府内の権力の変転、錯綜を理解するなど不可解。幹事長と言う職に質問をするのは普通の記者の仕事。答えられない幹事長が間違い。国民の疑念の塊を記者は質問している。これくらいの質問に答えられないなど頭の良い幹事長を自他ともに意識している茂木にしては恥ずかしい立場。茂木幹事長が辻褄の合わない答弁をするほど自民党が混乱しているという事。【自民党員には自民党が解党の刹那にある事が見えているのか】

「たらい回し」できる問題ではない。必ず政府の説明が必要な問題。常識外れの事実について説明を求めている。幹事長しかこの質問には答えられない。政府と政務調査異界と別物なのか。国民は政府と政務調査会は一体で政治をしていると思っていた。これが常識。政府とは別の政府調査会と言う権力があると茂木幹事長は言う。こういう政府の齟齬を丸く収めるのが幹事長の仕事だろう。自民党党内の混乱は幹事長が丸く収められないほど問題が外に拡散しているのだろう。自分の手に余るので今権力を振るっている羽生田に「たらい回し」。急に出てきたように見えるが羽生田の権力と言うのは不思議。壺議員に権力があるのか壺議員だから権力が持てるのか。どちらと思いますか。私は後者だと思う。どうせ権力のあい路どこでどうぶつかってどこで表に出るのか。どこに出てもすさまじい衝撃を社会に与える。【今回のお題は「山際の四日復活」 岸田支持のダダ下がり すさまじい衝撃】。羽生田の権力の異常性が目に焼き付いた。

羽生田の説明など誰も聞いていない。聞いたところで山際はコロナで失敗していないから。こんなありもしない不確かな理由で山際を四日で復活させえることに全国民が疑問に思うのは普通だろう。その疑問を女性記者が政府の表看板である茂木幹事長にぶつけるのは岸田の言い続ける丁寧な説明があるのが通常。政府のいう事が各所で破綻している。岸田と茂木の関係も正常でない。首相の声明と違う答弁をしている。首相に寄り添ってそれでも岸田が退職し無くなる場合幹事長として一番近く寄り添っていた茂木が押されて首相になる道が開かれる。首相にたてついてぎくしゃくしていればそんな流れに乗ることも困難。茂木は特に今の時間自分を大切にした方がいい。発言にも気を付けた方がいい。「ハー」ではどれだけ茂木を支持する国民がいるのか。茂木は首相として大人のスキルが足りないと思われる見方に私は賛成する。首相には大人が付いてほしい。【子供のような安部が首相になってはいけないが安部、菅政治の反省だろう】

安部賛歌百三十節五章

【山際のコロナ対策大臣格まで全てが失敗】

【自民党員には自民党が解党の刹那にある事が見えているのか】

【今回のお題は「山際の四日復活」 岸田支持のダダ下がり すさまじい衝撃】

【子供のような安部が首相になってはいけないが安部、菅政治の反省だろう】

(黙)老後党員募集

老後 遺言書4850

老後 遺言書4850

「山際氏は大臣を辞めさせられたことに対し党内で不満を言っていた。本人が外向けに問題発言することを恐れ、ポストにつける判断をしたのだろう」

田崎史郎氏の発言に信憑性があると私は思う。驚きの事実の報道が続く現在。自民党には知られてはならない隠し事がまだあると国民も思っているだろう。ここに事実が一つ。それは自民党が解党しなくてはならないほどの秘密。もちろん自民党と旧統一協会の間の秘密。ズブズブの深い山際でなければ知りえない秘密。山際の捜査がまだ途中でありこれからも隠していることが出てくるだろうと国民も思っている。山際の他人事で上から目線の発言が不審であったが山際には自民党が解党に追い込まれるほどの秘密を握っているというマウント意識を感じた。これがもう一つの事実。私は旧統一協会との政策協定が出た時これで自民党も終わりだと感じたが自民党の曖昧化の実行で未だ自民党は終わっていない。それ以上の何があるのか一瞬で自民党を終わりにさせる事実があるものだろうか。旧統一協会にも脅しの材料がまだまだあるのだろう。記者会見で見せる統一協会のマウント意識は山際と同じ。これも事実。【山際が自民党を脅す秘密を持っていればこれからも日本に残れる】

山際大志郎 に対する画像結果

~壺議員~

「旧統一協会の日本政府掌握のスパイ、悪人、売国奴」

無論羽生田、細田、下村なども山際の持っている秘密を持つ。今や秘密を持つ者が権力を持つことが現実。羽生田の政調会長、細田の衆院議長、下村の自民党の幹部もこの権力で地位を保っている。田崎史郎氏は安部の寿司友で日本で最も私が嫌いな識者であるが政界を長く見てきたのも事実その3。思いもよらない所からこの推論を掴んだと私は思う。始めて田崎史郎氏は日本の為になる話をしたのだと思うのである。羽生田がステーキ屋で岸田を折伏した時にこの秘密が利いたという事。今壺議員が権力の頂点にある事は岸田内閣の閣僚、政務三役の分布を見れば明らか。岸田にとって自民党の解党は何としても止めなければならない宿命。自民党の消滅と言う小さな問題で今日本の政治が推移している。たかが一政党の問題。自民党は消滅すべき政党である。世界第二の経済大国であった日本をここまで低下させた政党。日本の全ては三流以下になった。【特に安部、菅時代で三流でさえ高みに見れるところまで落ちた】

日本に今何が残っているのだろう。そんな思いで世間を眺める。わずかに残存している産業が重要である。日本の再生の柱になるだろう。それより重要だと思うものが現在残っている。家庭である。家庭から供給される労働力が産業を支える。家庭の基本は家事である。365日嫁が行う家事が基本。家事は基礎産業。私の家の神さんも365日朝食を作り続けている。朝3時半に起床して作る嫁の朝食から私の一日が始まる。家事に金銭的評価を付ければ30万はくだらないだろう。それ以下の稼ぎしかない旦那が「家事は女の仕事 俺は家の家長」と言うのは恥ずかしい。稼ぎの多い旦那でも家事は分担した方が正常。共稼ぎが一般になっている。旦那の稼ぎだけでは家の経済が成り立たなくなっている。大学を出た優秀な女性が世間に多くなっている。嫁の方が旦那より稼ぎが多いなど昔から見れば逆転した家庭も少なくない。一般的になっている現象がもう一つ顕著なものがある。それは男女ともが普通の様に行う不倫である。不倫は確実に家庭を壊す。不倫者は国民の3割であるという真しなやかな数字がある。これは30年も言われ続けている数字。【日本の真の基礎産業である家庭を壊す不倫は前科の付く犯罪として取り締まらなければならない】。日本の将来を見据えた政策として。性犯罪が氾濫していて衆院議長が女性記者に「私と添い寝をしてくれ」という国が日本であるのだから。衆院議長は自民党員。

全ての劣化が自民党に張り付いている。自民党はもはや政治をする組織ではない。自民党の政治は全てが失敗であろう。コロナ対策と言う壮大な失敗をしている。最後に山際と言う記憶の途切れる男をコロナ対策の総括者にした失敗が加わる。自民党のコロナ対策に対する緊張感が山際程度であると納得できる。何度も記憶喪失を国民に披露してきた男をコロナ対策に付けるなよ。岸田にしても自民党解党を避ける手段としてもまさかコロナ対策に山際を付けるという失策は国葬クラスの大失敗。八波が現実になっている現在記憶喪失男がどんな手腕を発揮するものか。これまでの失敗を継続することで終わるだろうと国民の多くは見ている。立憲の泉代表は野党の劣化の象徴。野党の劣化も著しい。千載一遇の野党のチャンスに泉は無い。泉は野党の議員ではないようにさえ見える。風の読めない男が代表になってはダメだ。安部、菅に未曽有の犯罪を犯し続けさせたのは野党の劣化である。【野党には女性議員が代表になって欲しい 男はダメだ】。あれほど活躍していた立憲の女性議員の姿が見えないのが寂しい。みんな落選したのか。

安部賛歌百三十節四章

【山際が自民党を脅す秘密を持っていればこれからも日本に残れる】

【特に安部、菅時代で三流でさえ高みに見れるところまで落ちた】

【日本の真の基礎産業である家庭を壊す不倫は前科の付く犯罪として取り締まらなければならない】

【野党には女性議員が代表になって欲しい 男はダメだ】

(黙)老後党員募集

老後 遺言書4849

老後 遺言書4849

「前川喜平氏のNHK会長新任に賛成」

なるほど納得できる就任である。NHKには不信があった。時間がたつにつれてますます不信が募った。NHKは明らかに安部サイドの報道になっていた。安部サイドは犯罪者である。NHKも犯罪に加担した。壮大な犯罪に加担した。ただNHKの安部支持にはけじめと言うか距離感を一貫として保っていたことは認める。安部を個人的に称賛はしない。個人の賞賛は公共放送として破綻することである。ただ安部の不利になることを隠した。これも報道倫理として批判してもいい。すなわちNHKは裏で密かに安部を応援していた。だが旧統一協会の問題が拡散して社会を覆う惨状になってもNHKは旧統一協会と言う宗教の名前を出さないで放送を続けた。政府からの報道機関への統制旧統一協会の宗教名を出すなという政府通達を最後まで守ったのがNHK。政府自民党は報道機関各社に統一協会を名前を出すことを禁止して旧統一協会に自由に犯罪をやらせていた。犯罪が表に出ると検察、警察が動く。その動きを安部が停止させた証拠が多数報道されている。安部は協会内では信者以上に賞賛されている。自民党と旧統一協会を結び付けたのが安倍。【旧統一協会の犯罪は自民党の犯罪 安部の犯罪ともいえる】

売国度である安部を応援していたのがNHK。NHKも十分犯罪者。犯罪者の巣窟の会長に前川喜平氏が付くという報道に日本人全員が納得しただろう。何十パーセントでなく100の納得は久しぶり。売国奴が山上氏の銃弾で死刑になってみれば世間はこのように変わる。前川氏の人格思考は日本人全員の胸に植え付けられて協賛されている。平等の人である。NHKが平等の放送局になる事は国民全員の願いである。NHKのわずかな揺らぎでも日本の社会に与える影響が大きい。NHKが公共放送である事は少なくとも戦後70年国民は信じて空気の様に普通になっていた。NHKの放送は何より正しいと国民は思っていた。安部の凄いところはそのNHKを味方にしてしまった。世論の形成上NHKは肝であった。NHKは信頼されて当然が日本の民意であった。【NHKの平等が確保されて報道を続けて欲しい 前川NHK新会長は最適】

自立した大人が人々の目標ではないか。仕事の出来る人も目標になる。揺らぎの少ない人、話の声音が何時も同じで聞いていると安心できる大人も目標である。これらを全て持ち合わせているのが前川喜平氏ではないかと私は思う。何より大人にNHK会長を務めてもらう事に安心感がある。安心感の持てる大人が人生の最終目的ではないか。大人の思考には安心感がある。安部には安心感が無かった。安部に大人の思考を感じたことが有ったかどうか考えてしまう。安部菅時代大人に会った記憶が無いほど安部の思考が子供に近かった。数々安部の犯罪は子供の思考の様に幼稚であった。子供の思考がNHKの一部でも思い通りに出来たことが驚き。権力が幅を利かせる世界は異次元。人の住む世界ではない。強姦犯を無罪にするなど人の判断ではないましてや大人の判断ではない。強姦犯を逮捕しようと羽田に集まっていた警察を解散させた強姦犯と共犯の中村格を警察署長にした人事も大人の判断でない。一斉に関係を切ると言い訳している壺議員も大人でない。稚拙極まりない言い訳で許してもらえると思う子供の思考。謝罪の後に償いがあるのが大人。【壺議員の償いなど見たこと無い 羽生田の償いはなに】

すべての画像

~日本の大人~

「日本の忖度しない官僚の一人赤城さんと同じような人」

大人の世界に戻ろうよ。NHKの会長に前川氏は一つの大人の判断。安心感がある。NHKの犯罪で一番大きいのは世論の誤った誘導だろう。NHKは自己反省をしてから正常に戻って欲しい。謝罪の後の償いをNHKに要求したい。大人らしくしっかり反省してNHK問題を終わらせる。NHKは明らかな事件。全ての物事の終結を見ることが無くなった。全てが曖昧で終わっている感じ。モリカケ桜、公文書改ざんも曖昧で終わっているだろう。社会にゴミを残すのが曖昧。社会の掃除から始めなければならない。何十年使っても掃除を終わらなければ社会は正常にならない。【日本再建の柱は掃除か】

安部賛歌百三十節三章

【旧統一協会の犯罪は自民党の犯罪 安部の犯罪ともいえる】

【NHKの平等が確保されて報道を続けて欲しい 前川NHK新会長は最適】

【壺議員の償いなど見たこと無い 羽生田の償いはなに】

【日本再建の柱は掃除か】

(黙)老後党員募集

老後 遺言書4848

老後 遺言書4848

「首相来週までに教会の被害者面会」

首相が「私は聞く耳を持つ」と散散国民に宣伝していたことが本物か分からなくなった。まず事実の確認だろう。事件を解明するにはまず事情聴取から始めるものだろう。旧統一教会事件は正に事件である。聞く耳は大切なスキル。岸田が被害者の話を聞くのは今回が初めてらしい。岸田の発言ほとんど国民は信用していないが「私は聞く耳を持つ」も信用されなくなってきた。橋田達夫 小川さゆりさんの話を聞いたのか。私も二人の話を聞いたが旧統一協会の犯罪を全て聞いた気になった。全てはおこがましいかもしれない部分的に共感するところがあったという程度。旧統一協会の犯罪の全てはほとんど日本のマスコミが報道している。あの報道の再確認と言う方が正しい。家の金をすべて旧統一協会に吸い上げられる、寄付させられるという事がどういうことか。その後の家庭の状況を聞いたという事。一億円持っている家庭は日本でも上級家族だろう。豊かに暮らしている家族である。山上徹也氏の一報で日本の全国民が一瞬で認知した。あまりの犯罪に唖然とした。【実質金が完全になくなった後の家庭、家族の話をリアルに認知した】。岸田がどれくらい聞く耳で聴きとったか。岸田にも心はある心で聞き取れたのか。

橋田達夫さんの妻、裕福な橋田氏の家庭の金をすべて寄付してしまった妻のビデオの映像を私は見た。元妻は今も教団の信者を続けているのだろう。旧統一協会の記者会見で見たのである。教会もなぜか犯した犯罪については黙り何やら協会を守る姿勢である。橋田氏の妻に協会の宗教の宗教活動は正しいという薄っぺらな言い訳を言わせていた。後の家庭の崩壊、長男の自殺にはほとんど触れることをせず協会の宗教としての正しさを述べていた印象。薄っぺらな会見である。実態がとんでもなく常識と離れている。一度犯した犯罪は消えない。多数の犯罪を犯した統一協会が表の世界の他者に支持される存在になることは無い。こんな分かり切った流れに逆らって協会は本気になって取り組んでいるが日本で協会関係の10もあるのか関係団体を全て日本から放逐する意識が流れとなって存在している。日本の国民をあまりにも惨く扱ったのだから必然。【この流れは教会の被害者のリアルな惨劇を聞いて固まった】

~山上氏の母親と同じ金額を旧統一協会に献金 家庭崩壊 妻に引き取られた長男自殺~

「長男は橋田さんの妻の高額献金をやめて欲しいと言って自殺した」

とんでもなく常識を離れている旧統一協会の話を聞いているとどこかで聞いた気がする。それは生活で最も大きな破壊、家庭の崩壊をほとんど確実に誘導する不倫の当事者の浮気嫁、浮気夫の言い訳の話である。原因を語らないのが言い訳。単純に当事者が不倫したのが原因。教会の説明すべき原因は犯してしまった犯罪。常識外れを世間は認めない。国民に常識外れをこれでもかと押し付けてくる政府と国民の関係は民主主義ではない。主権在民など遠くに浮かんでいる状態。政権の支持率が何か月も最低を記録するのも当然。山際の四日復活が常識か。支持率が上がるわけもない。正常に政治をするには国民からのある程度支持率を維持する必要があるだろう。法務大臣の大臣降格は常識。ようやく常識。それでも次の瀬戸際大臣が数名用意されている。岸田の任命責任の不手際。【支持率増加まで形勢を逆転するのは難しい】

小川さゆりさんの話はしっかり強制献金で金の無くなった後の信者の家庭生活であった。信者一家としての生活は貧乏の一言に付く。子供のころ着るものは一着も買ってもらえなかった。貧乏による差別、いじめもあった。さゆりさんは教団員として結構活動的に生きていた。常識の世界と教壇の隔たりが耐えられ無くなった時脱会を決心する。会社員として貯めた預金の200万を両親が来て奪いそれを献金した時昔の悪夢から逃げられない恐ろしさを味わったのだろう。その後さゆりさんの給料日には両親が会社を訪れる。結婚して子供も生まれたさゆりさんが社会の表面に現れて教団の廃止を願うまでになったのは自分の子供を自分と同じように教団の餌食にしたくないという気持ちからだろう。それとさゆりさんの海外報道の時一緒に並んで座りさゆりさんをフォロウしていた旦那さんの姿を見ていい人と結婚でき二人の遭遇した山を乗り越えようとしている姿に共感した。そして本日最大のショッキングな話になる。旧 統一協会の癒着、ズブズブは報道がほとんど細部まで伝えてくれた そうなると協会の犯した犯罪の責任が自民党になるという事 橋田達夫さん、小川さゆりさんの家庭を壊したのが自民党。【二人の訴えは日本の社会の潮流になる 日本人なら二人の訴えに共感する】

 

~小川さゆりさんマスクを取ると美人だと言われる 困苦の末精神の自立した女性であると共感を持つ~

「子供を産んでこの子は自分の様にカルトに犯されてはならないとカルト撲滅を世間に訴える」

安部賛歌百三十節二章

【実質金が完全になくなった後の家庭、家族の話をリアルに認知した】

【この流れは教会の被害者のリアルな惨劇を聞いて固まった】

【支持率増加まで形勢を逆転するのは難しい】

【旧 統一協会の癒着、ズブズブは報道がほとんど細部まで伝えてくれた そうなると協会の犯した犯罪の責任が自民党になるという事 橋田達夫さん、小川さゆりさんの家庭を壊したのが自民党】

(黙)老後党員募集

老後 遺言書4847

老後 遺言書4847

「岸田の任命責任は破綻している」

~政治資金を所管する総務省のトップにもかかわらず、自らの政治資金に関する問題が噴出している寺田氏。高い透明性の確保を掲げる政治資金制度への信頼が大きく揺らぐ中、新たに発覚した領収書の存在に対し、寺田氏がどのような説明をするのか、注目される。~岸田の任命責任がまた破綻した。岸田は聞く力はあるが人を見る力は無いのだろう。寺田氏は同氏の政治団体について「私自身が直接管理している団体でもなく、私自身が後援会の収支報告についてチェックすべき立場にない」と、これまで通りの答弁を重ねたが、立憲民主党後藤祐一氏から「そろそろ、もうお辞めになったどうですか」と辞任勧告を受けた。野党側の更迭要求に対して寺田氏は、これまで「(辞任は)全く考えていない」としている。異次元な議員である。異次元な大臣には職責として任命権があるようだ。そこで任命した政務三役が杉田水脈。杉田水脈は最高裁で伊藤詩織氏のセクハラ疑惑が逆転敗訴で罰金55万円の判決を受けた。被害者の伊藤詩織氏を貶めた書き込みに25回も「いいね」を付けたセクハラ満載の女性議員。二人の属する総務省にはインターネットでセクハラ、人権侵害などを防ぐ、禁止する省庁である。辞職勧告を野党に突きつかれている寺田大臣、セクハラ人権侵害の杉田政務官を抱える総務省は異次元な省庁という事か。【このように自民党の政治は劣化している】。異次元とは国民の常識に反する事。

私は杉田水脈を政務三役に付けたのは岸田だと思っている。推薦されても最後に人事を決定するのは首相である。岸田がどこからか杉田水脈を政務三役にしろと言われ岸田に近い寺田総務大臣に杉田を預けた流れであったと見る。山際四日復活と同じ流れ。山際については指示した人間が羽生田であったことは自ら言っているので分かった。羽生田にそれほどの権力がある事は検証してみなければならない。山際四日復活はとんでもない決断である。支持率低下に悩む岸田にどう考えても国民に不評を買う決断を岸田にやらせる権力はどこから来たのか。これはやはり田崎史郎の「「山際氏は大臣を辞めさせられたことに対し党内で不満を言っていた。本人が外向けに問題発言することを恐れ、ポストにつける判断をしたのだろう」が本当であると私も思うところである。「外向けに問題発言」が問題である。これを羽生田、細川、山際、下村、旧統一協会も持っている。【自民党を解党させるほどの「外向けに問題発言」とは何か】

これ程疲弊した自民党を見るのは珍しい。最近幹事長の上から目線発言が酷くなったように感じる。自民党党内が混乱していて国民に気を使う余裕がなくなっているのだろ。世間では岸田のハレンチな人事で唖然としている。まさかが多すぎる。考えられない人事の極め付きは羽生田に被害者救済法の法律文案の責任を任せたこと。泥棒に泥棒を取り締まらせると良く世間で使われる例え話そのもの。羽生田は安部の死刑後最大の壺議員。その羽生田に旧統一協会の取り締まり法案を任せる。月末まで成立させると言う政府が出す旧統一協会の被害者救済法が穴だらけ、逃げ道だらけの法案になるだろう。法案として態をなしているのか疑わしい代物になるに違いない。統一協会の信者が作った統一協会の取り締まり法案は前代未聞の珍事である。【まさか日本は神の国になるという法案でなければいいが】

~最近羽生田の写真がここに乗ることが増えた ここに乗る理由は悪人であるから、壺議員であるから~

「岸田の頭ごしに権力を振るっている姿勢が明白 山際の四日復活どこからその権力が出て来たのか」

岸田内閣の権力者が全て壺議員に見えることが岸田の任命責任の破綻だろう。岸田の任命責任の破綻が多すぎる。それも常識との格差の幅が大きすぎる。まさかが大きすぎる。近々法務大臣が更迭されるという報道。法務大臣の失言私にはそれほど重要に聞こえてこなかった。それより露骨に反社の答弁を繰り返している異次元の人事により名前の挙がった政府要人をまず更迭しなければ旧統一協会事件は解決しないだろう。羽生田、細田、山際、下村、寺田、杉田水脈、長岡圭子の答弁は酷すぎるのでこれらをまず更迭するのが先だろう。羽生田の山際の復活のニュースを岸田が見たのは国民から批判の声が出た後であったという。茂木幹事長も岸田をないがしろにしているとか自民党の組織としての権力体系が破綻している。社長が決裁する前に部長が決めてしまう体たらく。【自民党解党の8合目に届いたのでないか】

安部賛歌百三十節一章

【このように自民党の政治は劣化している】

【自民党を解党させるほどの「外向けに問題発言」とは何か】

【まさか日本は神の国になるという法案でなければいいが】

【自民党解党の8合目に届いたのでないか】

(黙)老後党員募集

老後 遺言書4846

老後 遺言書4846

「政策確認書に署名は根本的に壺議員の証明 こういう壺議員を一掃しなければ統一教会問題は終わらない」

岸田内閣は壺議員を一掃して旧統一協会の問題を完全に終わらないか。壺議員があちこちで政治に仕事をしていては岸田の統一協会との関係を一切断って政府への不審を取り戻したいという言葉が実現しないと思わないか。政府、自民党への不審が今位集中している事は無いだろう。壺議員は今期だけでも議員資格を一斉に取り消すことにしてはどうか。多くの壺議員と政治をやりながら政府への信頼を取り戻すと言っても無理だろう。まず細田衆院議長を更迭する事。羽生田を閣外に飛ばす事、下村を自民党所属から外す事。そんなところを国民が見て支持率も上昇するのではないか。岸田の事件解明の言動は全て後ろ向きに見える。元々自民党の自業自得な不祥事思い切り手当てが成功しても出来上がりは昔の自民党に戻るだけ。昔の自民党が輝いて見えるだろう。岸田は昔に戻れるならと日々、時々刻々考えているだろう。【岸田内閣の凋落だけでなく自民党の凋落がかかっている事態なのである】。岸田の時代に自民党が解党したとなれば自民党員として不名誉だろう。

政策協定が旧統一協会と自民党のズブズブな関係の頂点と私は思考していた。ところが自民党の議員の反応はあまり気にしていない。岸田は政務三役の旧統一協会との政務協定の調査はやらないと言っているし河野太郎大串の政策協定問題なしなど自民党議員の認識が一応に軽い。政策協定まであったら自民党と旧統一協会の関係はぴったりになるだろう。そういう緊張感が政府自民党に無いのか。野党の指摘によると子供家庭庁の名称が旧統一協会の政策にはまるとか。日本の政治に外国の犯罪内閣の政策が入っている証拠と言われていた。こういう名称になった政府側の説明はあやふや。法律を作った責任ある部署も明確に説明されているとは言えない。【だいたい子供を育てる家庭から全ての金を寄付させる統一協会が子供の教育について政策を持つ事態異様な思考である】

異様な犯罪集団と手を切ると言ったら真剣、粘り強く事を進めるべきであるだろうが岸田内閣の仕事はいかにも嫌々やっている様子。羽生田に権力を握られているような様態。高級ステーキ屋での羽生田との会談に自民党の解党を決定できるほどの統一協会と自民党の秘密を暴露するという脅しがあったと私は思う。山際復権でもこの脅しを使った。今や自民党の解党をする秘密を握ったものが権力の頂点。安部に次ぐ壺議員の羽生田が今権力の頂点にいるのではないか。統一協会の記者会見でも感じる。傍若無人の論法に統一協会の自民党に対する優位性を感じた国民もいるだろう。羽生田も統一協会も岸田を脅している。日本の安全保障は崩壊している。【外国の反社の犯罪集団の脅しに屈服しているのだから】

羽生田の手は旧統一協会の犯罪で究極の被害を受けて家庭を破壊させられた日本の国民の血で赤く染まっている。羽生田は凶悪な犯罪者である。細田も凶悪、山際も凶悪、下村も凶悪な死刑囚。その他400人もいる自民党の壺議員は凶悪な犯罪者。権力では消す事の出来ない犯罪者。どれだけ権力があってもやってしまった犯罪は消せない。羽生田は昔から旧統一協会と一蓮托生の関係、教団の信者に信徒であると認識されていた。ジャージで教団の信者とバーべキュウを楽しむ関係。教団と自民党の門外不出の秘密も知っているのだろう。それで岸田脅かし山際の四日復活を認めさせた。手に入れた権力に酔っているのか。それにしても四日とは常識のはるか上。安部の意外性を引き継いだのか。いずれこの事件で自民党は解党する。【自民党が解党してしまえば羽生田、統一協会の権力の元の脅しも聞かなくなる】

~岸田を脅迫して今や権力の頂点にいる気分 壺議員と言う大欠陥を抱えているのに~

「壺が権力をふるっている 山際の四日復帰 この男に国民の支持は難しいだろう」

安倍賛歌百二十九節十章

【岸田内閣の凋落だけでなく自民党の凋落がかかっている事態なのである】

【だいたい子供を育てる家庭から全ての金を寄付させる統一協会が子供の教育について政策を持つ事態異様な思考である】

【外国の反社の犯罪集団の脅しに屈服しているのだから】

【自民党が解党してしまえば羽生田、統一協会の権力の元の脅しも聞かなくなる】

(黙)老後党員募集