老後 遺言書4749

老後 遺言書4749

「銃撃を受けて亡くなった安倍元首相の国葬について、市民団体が、国葬を実施することの閣議決定と、その予算執行の差し止めを求めて、東京地裁に仮処分を申し立てたことが分かった。」

当然出てくる世間の批判である。今の時点で安部の国葬に反対する国民は53%である。数日で反対の数はさらに下がる勢いである。一か月もしたら6割反対という事になるのだろう。8割反対であった集団的自衛を決めた時のように強行に国葬を行うのか。国民のストレスが溜まり民間で不倫などの性犯罪がまた盛ることになるのか。私は民間であらゆる性犯罪が盛っている理由は国が国民に与えるストレスのせいだと確信している。そう国民の不倫が盛っているのは国が国民に与えるストレスと言う図式が私の頭にできている。あり得ないという理屈を聞きたいものだ。軽度なストレスならだれでも持っているが中度、重度のストレスからは逃れたいという気持ちが強くなる。それが世間全体に拡散する。セックスはストレス逃避に使える。Youyubeのあらゆる種類の性犯罪の報道を見ていると世間が変わったと思いその原因が8年も続いた政府の強圧的で国民の納得しない政策が多くのストレスを貯めたからと思っている。【ちょっとした社会分析であるが諸氏の意見が伺いた】国葬で国民の中のストレスはまた高まるだろう。

~市民団体が、国葬を実施することの閣議決定と、その予算執行の差し止めを求めて、東京地裁に仮処分を申し立てたことが分かった。~は日本がまだ民主主義国家であるから出来たこと。伊藤詩織さんの民事が勝利したのも民主主義であったから。やはり日本は民主主義国家であったのだと確信できる事象である。伊藤詩織さんの裁判で私が不思議でならないのは民事では勝利したがおそらく最高裁も関与したのだろう日本の本裁判の方は山口が無罪。同じ司法で真逆な結果でも憲法、法律的に認められるのか。こういう曖昧さが社会には普通に通っている。民事では山口は強姦犯である。本裁判では無罪。こんな真逆が法律の世界で通ってもいいのか。もう一つ不思議であるのは山口の逮捕を空港で止めた中村格が犯罪人にはならない。強姦犯を救護したのだから山口格も犯罪者だろう。少なくとも共犯者だろう。共犯者も犯罪者。中村は真っ新普通人として警察長官に任命。私は犯罪者が警察長官になったと少なくとも10回はブログに書いた。不思議なことに同じ趣旨の報道を一つも見ない。ネタとしても報道が盛り上がるはずであるが私が見られる範囲の新聞、TV、インターネットには全く無いのである。どこかに報道が止められているととうとう私もあまり書かなくなった。【犯罪者が警察長官になったというエキセントリックな事件が全く世間に出て来ない】。安部の国葬ほどのエキセントリックである。

同じ不思議さが下村博文である。下村は省の部長が決裁した旧統一教会の教会名変更であるから私は知らなかったことと言い訳。こんな無理筋の言い訳世間に通るはずがない。子供の悪戯のような言い訳。省の細かな慣例、規約については一般国民には分からない。恐らく文章が徐々に上位に上がっていって省の文章になるのだろう。省の文章になる時最終決裁者は大臣になるのだろうと思うのが一般の国民の感覚。名前の変更などの案件は大臣を通らないで省の文章に出来るのか。前川喜平氏は文科省の官僚だった。文科省内の文章の進み方など十分に知っている。はっきり決済は大臣の下村が出したと言っている。国民の全ては下村が旧統一教会の名称変更を意図して省内で名称変更を進めていたことは分かっている。それを省内の煩雑な職務遂行の合間に潜り込んで言い訳しているのも理解している。同じことを国民は何度も経験して知っている。下村は報道の中で官僚から「役所に請求された案件の実行を行わなければ申請者から文句が来る」と言われたと話しているように聞いた。この言葉が下村の決済の理由であったという。文科省が長い間旧統一教会の名称変更を拒否していた。下村の「私は知らなかった」が嘘であることは明白。名称変更で間違って旧統一教会の悪事にひかかってしまった多くの日本人の被害額が驚きの巨額。多くと言っても数十人ではない数百、数千。数万の単位で被害にあっている。下村はこの犯罪の当事者である。何やらちょっと釈明らしい言葉を吐いていたがその言葉が真実なら被害者たちに損害の補償をやればいい。下村は安部以上の嘘つきと言われている。国民的嘘を数回ついている。

銃殺犯は下村を銃殺した方が正解だったのではないかと言う人もいる。【下村のような嘘つきが政府の高官をやっているから安倍政権、自民党はまともな政治が出来ない】

~前川喜平氏「100%下村が名称変更した」 下村「これから旧統一教会との関係を絶つ」そんなことどうでも良い名称変更で膨大な損害を日本人に与えたことの責任を取るのが日本の法治だろう 責任とは国民の被害の賠償だろう 旧統一教会の犯罪は政府がやった~

「こんな嘘つきが日本の高官 まともな政治が出来るわけもない」

知らなかったが国葬になる人は皇室の当主だそうだ。旧統一教会と安部の関係で次々と醜悪な安部の隠れた部分が解明している。安部が皇室と並ぶ人望、人気があるか。安部の死は非業の死ではない自業自得で愚かな死である。銃殺犯はまことに適切な人を殺した。安部以外銃殺されて喜ばれる人物はいないだろう。私は喜んだ。死刑が当然の犯罪者であった。安部ほど民主主義を壊したものはいないだろう。モリカケ桜は民主主義を破壊したサイコパス。公文書改ざんも安部が犯人でサイコパス。【安部の事を書かせると私の筆は進む】

安部賛歌百二十節六章

【ちょっとした社会分析であるが諸氏の意見が伺いた】

【犯罪者が警察長官になったというエキセントリックな事件が全く世間に出て来ない】

【下村のような嘘つきが政府の高官をやっているから安倍政権、自民党はまともな政治が出来ない】

【安部の事を書かせると私の筆は進む】

(黙)

老後 遺言書4747

老後 遺言書4747

貿易赤字、過去最大 22年上半期、7,9兆円」

円安の影響が甚大。円安は日本の全ての金融構造に影響を与え日々日本は貧しくなる。G7から脱退する憂き目に至る。経済大国と言う建前でG7に参加しているようだが円安の影響で経済大国を維持するのも大変だろう。日本の企業軒並み三流になっているのではないか。業界のトップは中国にとられアメリカの堅固なトップの座を窺う力も削がれ三流に留まっているのも不安な状況。韓国、台湾にさえ負けている企業が多くなった。あれほど退化した政治を続けていれば当然の立場だろう。借金政治を止めなければ現状を変えることが無いだろう。全て政治のせいである。旧統一教会の後始末に政界がきゅうきゅうとしている政界に自己変革の兆しさえ見えない。岸田は自己変革を実行する力が無い。岸田の背後の自民党は終わった政党、力を無くしている。安部の持っていた国民操作のノウハウが懐かしいだろう。政府の報道規制の力も弱っている。【「貿易赤字、過去最大 22年上半期、7,9兆円」が現状である】

~岸田文雄首相は27日、萩生田光一経済産業相に脱炭素を進めるGX(グリーントランスフォーメーション)実行推進担当相を兼務させる人事を発令した。脱炭素のための投資促進策などを担う。木原誠二官房副長官が同日の記者会見で明らかにした。~

「私は一度国民的な嘘を付いた国会議員は信用しない。荻生田光一氏は二、三度国民的嘘を言った御仁。岸田が満を持して大役を任せた閣僚が嘘つき。岸田の政治はこんな程度。政治もこんな程度なのだろう。」

自民党政治の本質はポピュリズムである。国民の要求を政治にする。政治をするノウハウを持っている。ノウハウを一番持っている政党だろう。それで日本の政治は戦後の長い時間自民党政治であった。自民党が変わったのは30年前初めて借金で政治を行う事に手を出した時だろう。それまでは働いた金で生活をする政治であった。田中角栄、中曽根なども働いた金で生活をした時代の政治家なのだろう。働いた金で生活をする意志や思考が政治の基盤にあった。慣例なども全て働いた金で生活をすることを基準にして作られた。30年前にはまだ日本は世界の経済大国であった。働いていたから。日本には働けば金になるノウハウを持った国である。借金は働かなくても金を手にするという事。造幣局で円を刷れば金が出来る。日本は働かなくなってから、働きが鈍ってから30年間時間を浪費した。今ささやかな現象として円安が日本を襲っている。岸田などは円安などささやかな現象だと思っているのだろう。それは彼の円安対策をみればわかる。まるで本気に対策を講じてはいない。日本の政治家も劣化している。問題の本質を見る目を持つ者がいない。政府要職の福田と言う福田元首相の孫だという人物の声明を聞いてあきれた国民は多いだろう。自民党が破綻するかもしれない旧統一教会と自民党の癒着の問題に対して「何の問題があるのか分からない」と言っていた。【岸田も福田氏と同じ程度の政治家】

岸田は日本が崩壊するほどの問題をチャラチャラ触りながらどうでも良い会議などに出かけ何か仕事をしているふり。安部の外遊と同じ。日本に何の利益をもたらさない。安部の外交は全て失敗。円安の問題の根っこは深い。借金を30年も続けて円安になったのだろう。日本の信用が低下した。当然円が下がる。日本の借金政治を止めなければ円安は止まらない。少なくとも30年はかかる仕事である。日本の政治に枯渇している物に信用、責任、理論である。信用を失う事は大変なことである。円安になった。安部は責任を果たした仕事が一つもない。全てやりっぱなしで曖昧な結論だけが安部の後に累々と残った。これらは全て後ほど精査され完成されるのだろう。全て後ほどに託されている。責任を持った仕事でないと終わらないのである。論理が一番崩壊していたのが安部時代。記憶している所菅の言葉が一番か。学術会員6名拒否の理由を全く言わなかった。とにかく拒否なのである。論理は全く無し。無論安部の言動にこの程度の言動は多々あった。菅の言葉が鮮明に残っていただけ。多くの政策も論理的な審議が少なかったという記憶しか残っていない。国民が納得できる論理性が無かった。【自民党も借金政治に移ってポピュリズムを放棄したようだ】自民党ではなくなっている。

「貿易赤字、過去最大」、これからもこの言葉が続くのだろう。「働いて生活をする」の「働いて」の崩壊をまざまざと見ることになる恐ろしい言葉である。働いて生活をするの働いての残存を出来るだけ続けることが岸田首相の最後の仕事になるだろう。やはり生きていくには働いてが基本になる。借金政治を止めることはしばらく無理だろう。日本がようやく残っているのはこの働いてが劣化したとはいえ日本に残存しているから。岸田に働いての残存をどれだけ辛抱強く続けられるか。岸田にはこの辛抱がどれだけできるか私は絶望している。岸田の出す政策はどれも現実性が無い。ちょちょとつまんで政策を出しているが一つ所に集中するところが無い。岸田には大きなことが出来る能力が無い。大きな仕事は時間をかけて辛抱して仕事を続けることである。岸田には一つ有利なものがある。それは岸田の奥さんである。奥さんの写真を見てコメントもあって私は気に入った。この奥さんならもしかして岸田に一つに集中した仕事を続けさせるかもしれないという淡い希望を持った。【私は女性が日本を救うと思っている】。この奥さんは絶対に公文書改ざんはさせないだろうと思う。

安部賛歌二十節四章

【「貿易赤字、過去最大 22年上半期、7,9兆円」が現状である】

【岸田も福田氏と同じ程度の政治家】

【自民党も借金政治に移ってポピュリズムを放棄したようだ】

【私は女性が日本を救うと思っている】

(黙)

老後 遺言書4746

老後 遺言書4746

日銀 大規模金融緩和の維持を決定」



~政府日銀が目標にしてきた「2%」に達することになりますが、日銀は、いまの物価上昇は、賃金アップなどを伴っておらず、大規模な緩和で、景気を下支えする必要があるとしていて、黒田総裁が、午後の会見で、円安や物価についてどう発言するかが注目されます。~

大規模金融緩和が物価上昇の犯人であるのか政府の金融ここら辺まで混乱してしまえば普通の国民は事実が掴めない。それでもアベノミクスが物価上昇の原因であることは分かった気がしている。円安の原因は30年も借金を続けてきた日本の信用低下である事は少し考えると誰でも理解できるだろう。それで円安の基調は長い。日本が借金を止めるなど到底出来ない日本の金融事情があるのだから。借金で日本を回している自民党政治はとうに破綻している。ダメだとわかっていてそれを止められないところにいるのが現在の日本。自民党と言う劣化した政権に政治を任し続けてとうとうこんな立場に立ち入ってしまった。自民党は劣化した政党である。破綻した財政を借金で補うのが自民党の基礎政策。【借金で国を回すなど劣化しているだろう】

おとぎ話のような自民党の基礎政策だろう。借金が何時までも続けられるという話はおとぎ話。30年間借金を続けて円安になるのは当然。借金を続けると世界からの信用が無くなる。円が安くなるのも当然だろう。金融のプロ黒田氏の頭に円安になる危険性は無かったのか。無かったとしたら黒田氏はプロではない。黒田氏の頭に借金を無限に続けながら政治、日本を回す思考があったのだろうか。円安基調が続く中で黒田氏の頭の中を見てみたい。やはり生活は働いて続ける物だろう。働きの無い生活は無い。働いて生活をする事が国民全ての頭にある常識。黒田氏にはこの常識が無いのか。「日銀 大規模金融緩和の維持を決定」は借金政治の決定である。さらに破綻した財政を借金で補う政策の継続である。本気になって黒田総裁は借金を永遠に続ける気である事の証明が上の言葉である。【おとぎ話を続けるという事】

~アベノミクスを推進してとどのつまり円安に達した金融のプロ~

「円安の中心的な実行者 日銀の正常なやり方、慣例を様々に破った」

今日本はいくらくらい働いた金があるのか。国家予算の五割以上はあるようだ。この五割以上の金で日本を回せるのか。その金で日本を回すことになる。借金を止めるという事はそういうことである。医療保障、年金が変わるだろう。全てにおいて低下することは否めない。造幣局円を刷りその金である程度の生活水準を保つ生活は政府が操る手品の上の生活。余りにも危うい話。働いた金で生活をするのが基本。それだけ働く場所を作るのが政府の仕事。国家の財政を生活できるくらいの規模にするのが政府の仕事。岸田首相がこの仕事をやっているか。政策がバラバラで仕事は一ミリも進んでいない。岸田では今日本の政治を回復するのは無理。それなら自民党に他の候補があるのだろうか。誰か出してくるだろうが旧統一教会との癒着で自民党は解党するほどの困難。旧統一教会の問題で自民党は破綻するのか。自民党政治の破綻が迫ってきていることは確か。誰が出てきても岸田以上の政治が、日本の政治の回復が出来るわけもない。自民党の人質は枯渇した。高位高官を出してきても仕事が出来ない。だいたい政府高官は嘘つきばかり。福田元首相の孫は旧統一教会に対するコメントで炎上している。【福田元首相、安部と比較するとまともな首相であったと思っていたが孫はこの程度の政治家がっかり】

黒田氏は大規模金融緩和しかないようだ。円安、物価高に対する新たな金融政策は無いようだ。引退する時期ではないか。あなたの任期中全ての金融政策が誤っていたことを示すのが円安だろう。円安を止めるには借金政治を止めなければならない。この二者選択のどちらにも進めない。とどのつまり。破綻した財政を借金で補うという自民党の基礎政策を止める者は皆無。これからもしばらくはこの政策で進むようだ。日本の破綻と言う究極の入り口に着くまで続くのかある種の英雄が出て来て「働いた金で生活する」方向へ進路を変更するのか老後の私は未来を見られない。【ただ普通に戻って欲しいと訴えているだけなのだが】

安部賛歌二十節三章

【借金で国を回すなど劣化しているだろう】

【おとぎ話を続けるという事】

【福田元首相、安部と比較するとまともな首相であったと思っていたが息子はこの程度の政治家がっかり】

【ただ普通に戻って欲しいと訴えているだけなのだが】

(黙)

老後 遺言書4745

老後 遺言書4745

「女子生徒の洗濯ネットを盗み、逮捕の37歳の小学教諭・・・わいせつ動画や画像、自宅に68万点「年少者に興味があった」

洗濯ネットの形が分からない。わいせつ動画や画像、自宅に68万点「年少者に興味があった」がこの教師の本音であるだろう。個々の性犯罪として扱われているが教員の性犯罪がこれほど大量に報道されている現在に対して文科省は対策を取っているのだろうか。個々の性犯罪の教師に対する賞罰、教育委員会、校長などの姿勢にばらつきがある。文科省がこの問題に対策を行っている姿勢が見えない。個々の性犯罪として放置している。「わいせつ動画や画像、自宅に68万点『年少者に興味があった』」この教師は幼児性愛者であると断定すると小学校、子供だらけの環境に置くことの危険性はただならぬ緊急性を持つ。この程度の幼児性愛者教師の事件を何十も何百も報道で国民は確認している。女子のスカートの中を盗撮するなど軽度の性犯罪を含めると何千例も見た気がする。あらゆる性犯罪が盛っている現実の日本の一隅にある危険性の高い問題、犯罪である。文科省は「性犯罪」と言う部署を作り対処しなければならないと思う。【忖度官僚でも何でも連れて来て緊急に行わなければならない文科省の仕事ではないか】。教員の性犯罪、なかんずく国民の三割が行ってる言われる不倫はサイコパスは犯罪の原型、犯罪そのものである。

政府の仕事はいつもトロい。世間で問題が発生してそれが恒常化して規模が大きくならなければ対処しない。殺人でなければ警察は動かない。遅いうえに忖度官僚で仕事が出来ないがずいぶん昔から続いてきた政府に対する国民の評価であった。教員の性犯罪の対応は緊急性が求められている最近の社会情勢である。子供たちの真ん中に幼児性愛者がいることは緊急だろう。全国の教育委員会に教師の性犯罪に十分な注目をすることを指令することは文科省の仕事だろう。校長をこの手の犯罪に対応することの教育をすることも文科省の仕事、いじめなども私は性犯罪の一環と見るが対応する教育委員会、校長もいまだ自己保全で問題解決に消極的である事は各地の父兄の口にしばしば乗っている。文科省はどこを向いて仕事をしているのか。旧統一教会の名称変更などに時間を割いて幼児の危険性を放置しているように見える。文科省大臣が旧統一教会のシンパであったことが立証されたような世評。嘘つき議員を文科省大臣にするな。【文科大臣委は人間的にまともな議員を持ってきて欲しい 子供たちの教育をするところ】。下村伯文に文科大臣をやらしたらダメだ。子供たちが嘘つきになる。

教師の性犯罪の世界にも不倫が入り込んでいる。不倫は反社。反社の教師。性犯罪の教師は元々反社。教師の不倫では殺人も出ている。不倫はどこにでも潜り込むサイコパス。性犯罪の教師より不倫の方が問題は数十倍大きいだろう。国民の3割が携わっている犯罪。不倫には悪の全てが盛り込まれてる。悪の全てと言っても無数ではない。悪を分類すると幾つかの山に分かれる。その山の全てに不倫はかかわっている犯罪。不倫は嘘の犯罪である。夫に嘘を付いて不倫になる。嘘はサイコパスの主要要素。不倫はサイコパスそのもの。自己中心で他社には冷淡だろう。まことに自己中心なのが不倫。当然反社である。罪悪感が無く口が上手く表面紳士的、淑女的。このようにサイコパスの全てに当てはまる。文科省だけでなく政府は全力で不倫に対策を講じてほしい。不倫は日本最大の犯罪である。あらゆる種類の性犯罪が盛っている理由も不倫が主体で行われているから。不倫は政府のストレスを持たせる政策が原因。政府の借金政治がストレスを国民に与えそれが原因として不倫が盛る。不倫に限定してもこれ以上盛るのを防ぐ責任は政府にある。【不倫は政府が乗り出して対策が無ければ収まらない】。幼児性愛者を小学校の子供たちの真ん中に置くのは危険で緊急に対処しなければならない。

岸田の聞く耳が信じられない。民間で盛っている犯罪に対処して政府だろう。岸田の耳は正鵠な問題を捉えてない。なるほど物価高昇には手を出さなければならない。それさえまるで間違いの政策を出している所日本の政府がいかに劣化したかを国民に示すのみ。正当な対策をしなければならない。それが出来ないのであれば政権を投げ出せ。今岸田の出している政策はトンチンカン。少しも事態が良い方向に動かない。トンチンカンであればそういう事になるだろう。岸田は今日本にある問題を知らない。不倫の対策、学校における幼児性愛者、政府に報道を規制して犯罪者を無罪にする犯罪グループがある事に対する対策など岸田の頭には無い。どうでもよい問題で頭は占められている。安部の国葬は終わったのかそんな報道を見ていない。安部の国葬などどうでも良いことだろう。【世の中どちらを向いて進むのかサイコパスの世の中どこへ行くのか分からない】

いいのは愛想だけ、3度目ワクチンで「無能」さらけ出す岸田政権~

「目標は何かが分からないばらばらな政策 安部のカリスマなど無い方がいいが少なくとも目的に向かって地道な努力を続ける姿も無い」

安部賛歌百二十節二章

【忖度官僚でも何でも連れて来て緊急に行わなければならない文科省の仕事ではないか】

【文科大臣委は人間的にまともな議員を持ってきて欲しい 子供たちの教育をするところ】

【不倫は政府が乗り出して対策に無ければ収まらない】

【世の中どちらを向いて進むのかサイコパスの世の中どこへ行くのか分からない】

(黙)

老後 遺言書4744

老後 遺言書4744

「ようやく安部銃撃で中村格警察庁長官の名前が報道に出てきた」

なぜ中村格警察庁長官が報道に出て来ないのかと思い半年がたったのか。もう一年にもなるのか。中村格警察庁長官は安部狙撃で降板だと報道に出ていた。私には嬉しい銃殺であったが警察としてもスキルは世界から笑われるレベルの失態。なぜこんな失態になったかおそらく犯罪者が警察長官になった警察自体の地盤低下だろう。犯罪者に統帥されて警察の気合が上がるはずがない。組織は微妙なもので統率者の力量で気合の入れ方が異なる。警察内部にも犯罪者がトップになったことの反感があったはず。こんな上司の下で仕事を真剣に行う気持ちも失せた警官がいたはずだ。護衛など個人のスキルで行う仕事一応大物政治家である反社の安部を守るにしても気合が入らなければこの体たらく。現場の警察官の気合もあるが組織として地盤低下していただろう。警護に何人の警官を投入するかなど組織が決める。【警察に反社の安部を守る気分が無かったのか】

中村格警察長官は犯罪人である。国民全員が見ている前で大罪を犯した。強姦犯の山口を逮捕するために空港に配備していた警官を中村の権限で退去させた。一官僚の判断で済む問題ではない。警察としても慣例が壊された。慣例とは法律憲法より重要になる。長年慣例に沿って組織は動く。組織としてのスキルは慣例の良し悪しもあるがその取扱いで決まる。前代未聞、慣例を無視した中村格に警察はお咎めなし。降格などの処分も無し。必罰の慣例が無視されている。ここが未曽有に劣化した日本の省庁の現実がある。日本の省庁の劣化を続けたのが安倍。劣化はスキルを奪う。安部は自分が劣化させた省庁のスキル不足で銃殺された。安部が死んで後に残っているのは広い範囲に広がる省庁の劣化である。省庁の劣化は忖度官僚を作った菅の大罪である。菅も日本にとって大罪人。【この時代の後世の評価として偉大な政治家は居なかったが安部と言う偉大な犯罪人がいた時代という事になるだろう】。安部には反社の事例しかない。

レープドラックを使って女性の体をもてあそんだ山口はゲスの極み。時間をかけたレープの後気が付いた伊藤詩織氏が意識を取り戻した時山口は「今回の記念にあなたのパンツをもらえないか」と言ったという報道があった。この言葉は共犯である中村格の言葉でもあるだろう。レープドラッグを使ったことも中村格であると言えるほどの共犯関係であった。少なくとも伊藤詩織氏にとって山口と中村格はレイプ犯だろう。山口の完全なレイプを無罪にしたシステム、犯罪人の中村格を警察長官にしてそれを報道させないシステムが存在している。私は2000回前くらいから官邸を犯罪集団と明記してブログを書いた。まさにこのシステムは官邸に有って安部が長であるのだろう。全ての悪は安部から始まっている。官邸は犯罪集団である。不倫の責任も安部に課すことが出来る。安部が与えるストレスで国民の多くが不倫と言う具合に。【実感として犯罪人が警察長官になった大事件をなぜ報道が伝えないのかであった】

~「中村警察庁長官」が国葬後に辞職へ 逮捕状の握り潰しや元首相秘書・子息への忖度捜査で「官邸の番犬」と呼ばれたスーパー官僚の出世すごろく~

「とにかく犯罪者を警察長官にした安部政権のサイコパス人事が凄い」

官邸は大犯罪集団である。強姦犯の山口を無罪にして犯罪者の中村格を警察長官にするだけでなく多くの犯罪を官邸は犯している。破綻した財政を造幣局で円を刷りその借金で国を動かしている自民党の基礎政策を遂行しているのが官邸。破綻した自民党政治を続けているのが官邸。ぼろきれの様にすり減った権力で国を動かしているように見えるがこれらの対策で見るように行政のスキルの低下はただ事ではない。旧統一教会を守り持続していたのは安部であるという断定が報道されていた。旧統一教会の犯罪の責任は安部にある。安部は政府であるので自己破産した家族の補償も政府がする事。そうしていたら安部銃殺は無かっただろう。日本沈没の経過をまざまざ見ている気がする。国民操作のスキルだけは優れている。しかしこのスキルが日本沈没に導いている。中村格の辞任は日本が破綻に向かわない道筋の小さな石ころ。【安部にとってみれば「国民は馬鹿だから国民操作は簡単」というところか】

安部賛歌百二十節一章

【警察に反社の安部を守る気分が無かったのか】

【この時代の後世の評価として偉大な政治家は居なかったが安部と言う偉大な犯罪人がいた時代という事になるだろう】

【実感として犯罪人が警察長官になった大事件をなぜ報道が伝えないのかであった】

【安部にとってみれば「国民は馬鹿だから国民操作は簡単」というところか】

(黙)。

老後 遺言書4743

老後 遺言書4743

「旧統一教会と創価学会との違い」

双方類似点が少なくない。なんと旧統一教会物が三連続。よほどに興味が持てたのだろう。全部で5回ぐらい書いたのではないか。旧統一教会の犯罪はまことに奇妙、曖昧な事件である。奇妙であるはずである。旧統一教会は韓国の新興宗教である。常識が日本と違うのだろう。自己破産するほど寄付を強要するシステムがある。息子の大学資金まで寄付してしまう母親と息子の関係まで切ってしまう教義があるようだ。日本であったら家庭を断絶するまで寄付を強要するなど稀なケース。新興宗教であるから教義は自由であるが犯罪を起こせば別である。日本の法治で捜査されてしかるべき判決が成される。正常な司法なら家庭を破綻させる教義には非を唱えるだろう。捜査はするべきである。山上氏の母親は日本に置いて異常な人である。家庭を破綻させる人間は日本に置いて異常。異常な人はどこにでもいる。それを集団化させると犯罪になる。その捜査、判決を抑えていたのが安倍である。安部が教団の犯罪を抑えていた事実は報道されている。教団の犯罪の報道を抑えたのも安部である。国家が宗教と密接な関係を禁止した条項が憲法にあったはず。【少なくとも国家と宗教の関係が密になることは反社である】

密であるから教団の犯罪は安部を首長とした政府の犯罪と言われて反論できるか。犯罪の賠償をするのは政府である。これまで旧統一教会の論評を述べてきたがここでとんでもない犯罪が浮かび上がってきた。民主主義において報道の弾圧は犯罪である。その犯罪を政府が長年続けていたことが今回の浮上してきた旧統一教会の問題で明らかになってきた。旧統一教会に関する報道が抑えられてきたのが奇妙な異国の新興宗教がいまだ多くの信徒を持っている理由だろう。選挙に人を出せるほどに信徒を持っている。最近減少しているという声もある。安部も死んで減少は続くだろう。異国の犯罪集団の新興宗教は日本から消えてほしい。報道、捜査を抑えてきた犯人はこれまで安部一人であったがこの問題で自民党から出てきた関係者の数は少なくない。報道、捜査を抑えている組織は大きな権力を持っているのだろう。こんな犯罪集団を明らかにするのは日本の為。【日本の報道の自由だいたい世界で70位くらい最近100以下の話もある 日本は文化国家の建前】

それで創価学会の方であるが同じ新興宗教類似点は多い。双方共に信徒を集めて献金で学会運営をする。共に政治に関係している所も同じ。政治に関係して信徒も集まるのか。政治の中にいると社会的に認められる。創価学会が旧統一教会と違うところは家庭を壊さない所か。緩やかな寄付と言うところだろう。これが日本的である。家庭を自己破産まで追い込むなど日本人の中で人気が出るとも思えない。人気を維持してきた理由は安部の報道規制である。日本の法治による捜査を安部がやらせなかった。犯罪を見えるところお少なくして一定の信徒を得てきた。旧統一教会は安部がいなければとっくに日本から消えている宗教。【安部を射殺したのは正に犯人を殺したことになる 安部が教団の犯罪の真犯人】

創価学会に関しては政教分離の問題がある。公明党の言う政教分離はそれほど確固とした理由が無い。宗教をしていて政治もやる。その関係をはっきり分離するのは難しい。世間が納得するような説明が必要だと思うがそれがどれほどの代物なのか一般の国民には理解が難しい。それでも公明党は長い間政教分離を続けてきたのだから論理的防衛も整っているのだろう。旧統一教会の問題が世間で盛り上がっている。政教分離に対しても世間の注目があるのでは。私は公明党の婦人をちょっと尊敬している。彼女らには倫理観があるように見ている。山口代表の話にはいつもイライラが募る。政権の一員であるのに話が何時も他人事に聞こえる。問題に関するしっかりした意見を言わない。公明党に問題があるとしたら代表である。若干の不信感を持ってみている。ここら辺から旧統一教会と一致したところが出てくる。構造として政府との密接な関係は旧統一教会と一緒。、教えの根本にあるのは、日本は韓国を植民地支配したんだ、と。その罪を犯したから日本からお金を取るのは当然なんだ、と。それも、しかも物言いがある種、品のない言い方で日本を侮辱したような言い方をしているんです。それなのになぜ、これは日本の保守の層が最も反発しそうなことなのに、なぜ保守政治家たちがこうした協力関係を平気で築いているのか。これ私、よくわからないんですお最後はほとんど自民党案に賛成する。これも旧統一教会と同じ。【旧統教会と同じであるとは言わないが政教分離に触れるところはやはり気になる】

ソース画像を表示

~心持民主的な発言もあるがしっかり自民党政治と密着している所が旧統一教会と同じ 利権の共有は正に旧統一教会~

「政府の一員であるが政策的な説明は淡白で具体性が無い どうでも良い発言ばかり」

安部賛歌百十九節十章

【少なくとも国家と宗教の関係が密になることは反社である】

【日本の報道の自由だいたい世界で70位くらい最近100以下の話もある 日本は文化国家の建前】

【安部を射殺したのは正に犯人を殺したことになる 安部が教団の犯罪の真犯人】

【旧統一教会と同じであるとは言わないが政教分離に触れるところはやはり気になる】

(黙)。

老後 遺言書4743

老後 遺言書4743

「旧統一教会と創価学会との違い」

双方類似点が少なくない。なんと旧統一教会物が三連続。よほどに興味が持てたのだろう。全部で5回ぐらい書いたのではないか。旧統一教会の犯罪はまことに奇妙、曖昧な事件である。奇妙であるはずである。旧統一教会は韓国の新興宗教である。常識が日本と違うのだろう。自己破産するほど寄付を強要するシステムがある。息子の大学資金まで寄付してしまう母親と息子の関係まで切ってしまう教義があるようだ。日本であったら家庭を断絶するまで寄付を強要するなど稀なケース。新興宗教であるから教義は自由であるが犯罪を起こせば別である。日本の法治で捜査されてしかるべき判決が成される。正常な司法なら家庭を破綻させる教義には非を唱えるだろう。捜査はするべきである。山上氏の母親は日本に置いて異常な人である。家庭を破綻させる人間は日本に置いて異常。異常な人はどこにでもいる。それを集団化させると犯罪になる。その捜査、判決を抑えていたのが安倍である。安部が教団の犯罪を抑えていた事実は報道されている。教団の犯罪の報道を抑えたのも安部である。国家が宗教と密接な関係を禁止した条項が憲法にあったはず。【少なくとも国家と宗教の関係が密になることは反社である】

密であるから教団の犯罪は安部を首長とした政府の犯罪と言われて反論できるか。犯罪の賠償をするのは政府である。これまで旧統一教会の論評を述べてきたがここでとんでもない犯罪が浮かび上がってきた。民主主義において報道の弾圧は犯罪である。その犯罪を政府が長年続けていたことが今回の浮上してきた旧統一教会の問題で明らかになってきた。旧統一教会に関する報道が抑えられてきたのが奇妙な異国の新興宗教がいまだ多くの信徒を持っている理由だろう。選挙に人を出せるほどに信徒を持っている。最近減少しているという声もある。安部も死んで減少は続くだろう。異国の犯罪集団の新興宗教は日本から消えてほしい。報道、捜査を抑えてきた犯人はこれまで安部一人であったがこの問題で自民党から出てきた関係者の数は少なくない。報道、捜査を抑えている組織は大きな権力を持っているのだろう。こんな犯罪集団を明らかにするのは日本の為。【日本の報道の自由だいたい世界で70位くらい最近100以下の話もある 日本は文化国家の建前】

それで創価学会の方であるが同じ新興宗教類似点は多い。双方共に信徒を集めて献金で学会運営をする。共に政治に関係している所も同じ。政治に関係して信徒も集まるのか。政治の中にいると社会的に認められる。創価学会が旧統一教会と違うところは家庭を壊さない所か。緩やかな寄付と言うところだろう。これが日本的である。家庭を自己破産まで追い込むなど日本人の中で人気が出るとも思えない。人気を維持してきた理由は安部の報道規制である。日本の法治による捜査を安部がやらせなかった。犯罪を見えるところお少なくして一定の信徒を得てきた。旧統一教会は安部がいなければとっくに日本から消えている宗教。【安部を射殺したのは正に犯人を殺したことになる 安部が教団の犯罪の真犯人】

創価学会に関しては政教分離の問題がある。公明党の言う政教分離はそれほど確固とした理由が無い。宗教をしていて政治もやる。その関係をはっきり分離するのは難しい。世間が納得するような説明が必要だと思うがそれがどれほどの代物なのか一般の国民には理解が難しい。それでも公明党は長い間政教分離を続けてきたのだから論理的防衛も整っているのだろう。旧統一教会の問題が世間で盛り上がっている。政教分離に対しても世間の注目があるのでは。私は公明党の婦人をちょっと尊敬している。彼女らには倫理観があるように見ている。山口代表の話にはいつもイライラが募る。政権の一員であるのに話が何時も他人事に聞こえる。問題に関するしっかりした意見を言わない。公明党に問題があるとしたら代表である。若干の不信感を持ってみている。ここら辺から旧統一教会と一致したところが出てくる。構造として政府との密接な関係は旧統一教会と一緒。、教えの根本にあるのは、日本は韓国を植民地支配したんだ、と。その罪を犯したから日本からお金を取るのは当然なんだ、と。それも、しかも物言いがある種、品のない言い方で日本を侮辱したような言い方をしているんです。それなのになぜ、これは日本の保守の層が最も反発しそうなことなのに、なぜ保守政治家たちがこうした協力関係を平気で築いているのか。これ私、よくわからないんですお最後はほとんど自民党案に賛成する。これも旧統一教会と同じ。【旧統教会と同じであるとは言わないが政教分離に触れるところはやはり気になる】

老後 遺言書4743

「旧統一教会と創価学会との違い」

双方類似点が少なくない。なんと旧統一教会物が三連続。よほどに興味が持てたのだろう。全部で5回ぐらい書いたのではないか。旧統一教会の犯罪はまことに奇妙、曖昧な事件である。奇妙であるはずである。旧統一教会は韓国の新興宗教である。常識が日本と違うのだろう。自己破産するほど寄付を強要するシステムがある。息子の大学資金まで寄付してしまう母親と息子の関係まで切ってしまう教義があるようだ。日本であったら家庭を断絶するまで寄付を強要するなど稀なケース。新興宗教であるから教義は自由であるが犯罪を起こせば別である。日本の法治で捜査されてしかるべき判決が成される。正常な司法なら家庭を破綻させる教義には非を唱えるだろう。捜査はするべきである。山上氏の母親は日本に置いて異常な人である。家庭を破綻させる人間は日本に置いて異常。異常な人はどこにでもいる。それを集団化させると犯罪になる。その捜査、判決を抑えていたのが安倍である。安部が教団の犯罪を抑えていた事実は報道されている。教団の犯罪の報道を抑えたのも安部である。国家が宗教と密接な関係を禁止した条項が憲法にあったはず。【少なくとも国家と宗教の関係が密になることは反社である】

密であるから教団の犯罪は安部を首長とした政府の犯罪と言われて反論できるか。犯罪の賠償をするのは政府である。これまで旧統一教会の論評を述べてきたがここでとんでもない犯罪が浮かび上がってきた。民主主義において報道の弾圧は犯罪である。その犯罪を政府が長年続けていたことが今回の浮上してきた旧統一教会の問題で明らかになってきた。旧統一教会に関する報道が抑えられてきたのが奇妙な異国の新興宗教がいまだ多くの信徒を持っている理由だろう。選挙に人を出せるほどに信徒を持っている。最近減少しているという声もある。安部も死んで減少は続くだろう。異国の犯罪集団の新興宗教は日本から消えてほしい。報道、捜査を抑えてきた犯人はこれまで安部一人であったがこの問題で自民党から出てきた関係者の数は少なくない。報道、捜査を抑えている組織は大きな権力を持っているのだろう。こんな犯罪集団を明らかにするのは日本の為。【日本の報道の自由だいたい世界で70位くらい最近100以下の話もある 日本は文化国家の建前】

それで創価学会の方であるが同じ新興宗教類似点は多い。双方共に信徒を集めて献金で学会運営をする。共に政治に関係している所も同じ。政治に関係して信徒も集まるのか。政治の中にいると社会的に認められる。創価学会が旧統一教会と違うところは家庭を壊さない所か。緩やかな寄付と言うところだろう。これが日本的である。家庭を自己破産まで追い込むなど日本人の中で人気が出るとも思えない。人気を維持してきた理由は安部の報道規制である。日本の法治による捜査を安部がやらせなかった。犯罪を見えるところお少なくして一定の信徒を得てきた。旧統一教会は安部がいなければとっくに日本から消えている宗教。【安部を射殺したのは正に犯人を殺したことになる 安部が教団の犯罪の真犯人】

創価学会に関しては政教分離の問題がある。公明党の言う政教分離はそれほど確固とした理由が無い。宗教をしていて政治もやる。その関係をはっきり分離するのは難しい。世間が納得するような説明が必要だと思うがそれがどれほどの代物なのか一般の国民には理解が難しい。それでも公明党は長い間政教分離を続けてきたのだから論理的防衛も整っているのだろう。旧統一教会の問題が世間で盛り上がっている。政教分離に対しても世間の注目があるのでは。私は公明党の婦人をちょっと尊敬している。彼女らには倫理観があるように見ている。山口代表の話にはいつもイライラが募る。政権の一員であるのに話が何時も他人事に聞こえる。問題に関するしっかりした意見を言わない。公明党に問題があるとしたら代表である。若干の不信感を持ってみている。ここら辺から旧統一教会と一致したところが出てくる。構造として政府との密接な関係は旧統一教会と一緒。、教えの根本にあるのは、日本は韓国を植民地支配したんだ、と。その罪を犯したから日本からお金を取るのは当然なんだ、と。それも、しかも物言いがある種、品のない言い方で日本を侮辱したような言い方をしているんです。それなのになぜ、これは日本の保守の層が最も反発しそうなことなのに、なぜ保守政治家たちがこうした協力関係を平気で築いているのか。これ私、よくわからないんですお最後はほとんど自民党案に賛成する。これも旧統一教会と同じ。【旧統教会と同じであるとは言わないが政教分離に触れるところはやはり気になる】

ソース画像を表示

~心持民主的な発言もあるがしっかり自民党政治と密着している所が旧統一教会と同じ 利権の共有は正に旧統一教会~

「政府の一員であるが政策的な説明は淡白で具体性が無い どうでも良い発言ばかり」

ソース画像を表示

安部賛歌百十九節十章

【少なくとも国家と宗教の関係が密になることは反社である】

【日本の報道の自由だいたい世界で70位くらい最近100以下の話もある 日本は文化国家の建前】

【安部を射殺したのは正に犯人を殺したことになる 安部が教団の犯罪の真犯人】

【旧統一教会と同じであるとは言わないが政教分離に触れるところはやはり気になる】

(黙)。

老後 遺言書4742

老後 遺言書4742

「旧統一教会の陰」

〈文化庁に確認をしたところ、貴誌のご質問は全く事実に反することを確認しました。文化庁によれば、「(略)大臣に伺いを立てることはしていない。今回の事例も最終決裁は、当時の文化部長であり、これは通常通りの手続きをしていた」とのことです〉

 7月13日、自身のツイッターにそんな投稿をしたのは、自民党の下村博文前政調会長。〈貴誌〉と記していたが、下村氏に質問状を送ったのは、「週刊文春」だ。先週号の取材で、下村氏が文科相だった15年8月、統一教会の「世界平和統一家庭連合」への名称変更が認められたことを巡り、大臣としての働きかけを尋ねたものだった。大臣を通さない決済が政府の省庁であるのか。部長クラスの官僚が国の決済を左右するのか。下村氏の論点はこれに尽きるだろう。普通部長が立案しても大臣の目が通るだろう。下村氏が嘘をついたとしたらこの論点だろう。下村がこの論点をどう説明するかがこの問題の中心である。118の嘘を付いた安部のことをとがめる風潮が弱い。嘘はあまりにも世間に盛っていて当たり前な社会。罪悪としてのランクが下がっている。嘘を付いても問題視されるランクが極端に下がっている。【下村の嘘など世間的にはどうでも良いランク 下村は嘘の多い政治家】嘘の多い政治家がのうのうと高官でいる現実がサイコパス。

~《“支援者名簿”入手》統一教会“名称変更”時の文科大臣・下村博文氏を関連団体幹部5名が支援~

「下村議員は旧統一教会とずぶずぶな関係 多くの自民党議員が旧統一教会とずぶずぶな関係 旧統一教会の犯罪は自民党の犯罪」

とにかく118の嘘を付いて平気で人の前に出てくる安部のメンタルの強さは異常。嘘は一つでも職を辞す事になる時代もあった。嘘は恥であった。嘘も恥も平然としていられる時代は異常なのである。どうしてこのような時代の政治になったかは破綻した財政を借金で続けるという今や政治の根底にある自民党の基礎政策、日本の基礎政策が気違いだからだろ。全ての政策の基礎、基本に気違い政策がある。何をやってもまともなことが出来ない理由もこの借金政策である。コロナ対策、原発政策全てがまともでない。政策の実行者は安部周辺の実力者。実力者は嘘を付いても平然としている。嘘と恥が平然と行われる時代の政策である。気違いになるのも当たり前。安部菅の気違いを散散見てきた国民も気違いになれてしまった。よほどの気違いなければ国民は平静に受け止める。【国民が病んでいる】

下村は数度国民的な嘘を付いている。国民の前で嘘を言ったら国民的嘘。今回の場合旧統一教会の名称の変更をやったのは下村である。子供じみた嘘を大の大人がいうものだ。変更を認めたのが部長は嘘。国民は何度もこのたどたどしい子供だましの嘘を聞いた。安部の118回の嘘も子供だましだったはず。甘利が安部追悼の弔辞を読むことが政界で問題になっている。甘利のごときが表面に出て恥ずかしいというような気分を感じる。嘘つきの追悼演説は甘利に任せる、稀に見る適材適所の人事であると思う。安部周辺の国会議員、嘘つきのゲスであるが位だけは高い。118の嘘を付いた人物の弔辞は嘘つきの甘利に適している。【人品嘘つきのゲスであるが位だけは高い国会議員でも一度でも嘘を付いた議員は信用しないというのが私のモチベーション】

下村は散財嘘を付いた御仁。今回また一つ嘘を付いたという話。嘘はサイコパスの主要要因、なるほど政治はサイコパス。原発は嘘を言ってはならない問題、案件。日本の全国民の安全に関係するから。しかし多くの原発関係の嘘が表面化している。目的が明瞭なものについては嘘を言ってはいけない。【国家の運営は国民の安全、生産、生活の為と言う明確に設定された目的であるがそこに集まる政治家はいずれも国家的嘘を付いた面々である】政治家は嘘つきが世間に流れている常識になっている。まともな政治などあるわけもない。

旧統一教会の話であったので下村元大臣の話で始めたが大臣など政府の高官の話に逸れた。旧統一教会の犯罪は自民党自身の犯罪と言える段階にあった。下村自身の犯罪。報道、日本の司直を抑えることは犯罪の中心にかかわる密着だろう。司直に旧統一教会の犯罪を調べさえないというとこをを自民党がやっていれば犯罪の中枢に自民党がいたという事。家の金を寄付してしまう母親の家庭は自己破産してしまう。信者から破産するほどの寄付など日本ではあり得ない犯罪。さすが朝鮮産の犯罪はエグイ。この犯罪の捜査をさせなかったのが自民党。自民党の長は安部。安部が家が破産するくらい寄付をさせた。合同結婚をさせた。霊感商品を売り金を集めた。日本人から金を集めた。日本人の安部が居たから出来た犯罪。山上氏は実に正鵠に安部を銃殺した。【暴力は肯定できないがあなたの銃殺には共感を覚える】

安部賛歌百十九節九章

【下村の嘘など世間的にはどうでも良いランク 下村は嘘の多い政治家】

【国民が病んでいる】

【国家の運営は国民の安全、生産、生活の為と言う明確に設定された目的であるがそこに集まる政治家はいずれも国家的嘘を付いた面々である】

【人品嘘つきのゲスであるが位だけは高い国会議員でも一度でも嘘を付いた議員は信用しないというのが私のモチベーション】

【暴力は肯定できないがあなたの銃殺には共感を覚える】

(黙)

老後 遺言書4741

老後 遺言書4741

「自民党と旧統一教会の関係」

~社民党・福島瑞穂党首:「持ちつ持たれつというか、(旧統一教会が)秘書や色々な形で(自民党議員に)派遣していたと言われております。まさに自民党の政策が、もっと言うと国会の政策が極めてゆがめられていたのではないか。徹底的な検証が必要だと思っています」

自民党・青山繁晴参院議員:「旧統一教会については、支援しているということが伏せられている。宗教でなくてもどこかの団体の支援を受けて、それがかなりの票なのに有権者が知らないというのはおかしい。伏せられている理由の中に被害者や訴訟の存在があるんだったら余計に大問題」

公明党・山口那津男代表:「(Q.政治と宗教どういった関わりが適切か)そこは様々な報道もあるし、また事件としての捜査も進展中でありますので、コメントは控えたいと思います。今後状況をしっかり見極めたいと思っております」

自民党・井上義行氏:「私がご支援頂いたのは世界平和連合。6つの国づくりの政策について賛同を得たということで、賛同会員ということになっておりますし」

 日本維新の会・吉村洋文副代表:「日本維新の会の議員の中にも、旧統一教会のイベントに参加したりしている議員もいると報道されていますので、どういった経緯で、どういう関係で、それがどういうものなのか、しっかり説明するべきだと思います」

 国民民主党の玉木代表は、旧統一教会と関係が深いとされる「世界日報」の元社長から献金を受けていたことを明らかにしました。

 国民民主党・玉木雄一郎代表:「2016年に世界日報の元社長から2万円と1万円の寄付を私が受けていたということ。これを調べましたら事実です。公開もされているので何らやましいところはないので、今のところは返還は考えておりません」~

【これらが政府の自民党と旧統一教会の関係に関する話です それぞれの党の個性が出ていて面白い】

「岸田総理の国会説明が必要」秋の臨時国会に延期へ 安倍元総理への追悼演説(2022年7月28日)

~118回の嘘を付いた安部元首相に嘘つきの甘利氏が追悼演説を述べると自民党が決めたことは自民党にとって珍しく適切な人事である~

「嘘が取り持つ縁 自民党政治もいよいよ破綻か」

自民党と旧統一教会の間は犯罪をさせれば共犯の感じ。密着感は全ての政党の中で断トツ。旧統一教会が犯罪を起こせば自民党も犯罪となるほど密着した関係。犯罪集団を日本で長い間報道を抑え、裁判所―検察―警察を抑えて保護してきたのが安部を中心とした自民党。それで霊感商売と言う犯罪合同結婚式と言う日本で馴染まない犯罪、家庭を自己破産させるぐらいの献金を強要するほどの犯罪は自民党が行ったことになる。安部の犯罪である。合同結婚式は日本の憲法に背く犯罪。報道や司法を止めることが出来るのは政府である。それ朝鮮にいる旧統一教会には日本で犯罪を行える力が無い。捜査、逮捕を止めていたのが自民党、国内の犯罪の首謀格は共犯と言われている自民党である。首謀格の長が安倍。山上氏の銃殺した安部は正に正鵠を得た犯罪の張本人であった。山上氏に心からのお祝いの気持ちを述べたい。【目的は達成された】

旧統一教会の全ての犯罪は自民党がやっていたという事が立件されたら犯罪の補償などの責任は自民党。まず自民党にやってもらいたいのが自己破産するほど信者に強制した献金を返す事。これに関して旧統一教会は1億円献金した山上氏の母親の献金内5000万円を10年で返金したと確か教会の理事長が語っていたがその割には母親の生活が楽になっているようには見えない。本当に返金したのか実証してもらいたい。ここらへんで働くのが報道だろう。安部が死んで拘束力も少しは減少しただろう報道の仕事。同じような事件があった詐欺犯罪の大看板になった安部の為に多くの老人たちが総額数十億か数百億の投資をして焦げ付いて裁判になっている事件でも安部が保証、謝罪をしたという話は聞かない。大看板になったという事は安部は共犯と言うより主犯であった。わずかの文言の隙で安部は逃れるのである。安部にはこの隙から逃げる犯罪が多い。後世ここら辺も詳細に立件されるだろう。【死んでしまった人どのように料理されても文句が言えない】

旧統一教会の罪悪は全て自民党の罪であると言えるくらいの密着度である。犯罪集団の自民党は全国的に犯罪の補償をしなければならない。自民党が安倍と同じように文言の隙から逃げる事を繰り返している政党である。共犯と主犯、言葉で言い表せばわずかな違い。今回も主犯でありながら自民党は逃げるだろう。卑劣な政党である。岸田は卑劣の政党の党首。卑劣な男である。関連して立憲の泉代表も卑劣な男。【卑劣な男、少ないが女がうじゃうじゃ集合しているのが今の日本】

安部賛歌百十九節八章

【これらが政府の自民党と旧統一教会の関係に関する話です それぞれの党の個性が出ていて面白い】

【目的は達成された】

【死んでしまった人どのように料理されても文句が言えない】

【卑劣な男、少ないが女がうじゃうじゃ集合しているのが今の日本】

(黙)

老後 遺言書4740

老後 遺言書4740

「官民サイコパス盛る」

政府の政策もサイコパス、民間の不倫もサイコパス。モリカケ桜、公文書偽造はサイコパス。安部の118の嘘、自己中心的で他人には冷淡なサイコパス。何より反社だろう。反社はサイコパスの基礎要素。118回も嘘をつく首相はそれだけでサイコパスであるが、罪悪感が無い口が上手く表面紳士、淑女まで安部の言動はスッポリサイコパスである。8年間国民は安部のサイコパスを全て見たであろう。細部に至るまで。サイコパスを語るなら安部を標本にすればよい。しかし安部だけでは足りなくなる巨大なサイコパスがある。破綻した財政を借金で補填する自民党の基礎政策がそれである。造幣局で円を刷ればそれで財源が満たされるので政治を続けたのが自民党。借金自身そのものがサイコパスと断定しにくいが借金で国家を経営しようとする思考がサイコパス。安部は無数の国民にストレスを与えた政治を続けた。国内に異常なストレスが溜まっているのが今の日本の特殊な時代。もう一つサイコパスの話を続けるが安部の国葬がサイコパス。日本に唯一残っている権威がサイコパスで汚されようとしている。国葬されたのは吉田茂ただ一人。国民全てが敬意をもって弔ったのが吉田茂。安部が吉田茂と並べられない理由がある。安部の多数の犯罪が究極のサイコパス。吉田茂と真逆の人、悪人である。【安部の国葬に賛成する人たちの思考がサイコパス】

安倍元首相の体調

~118の嘘をついたサイコパス~

「安部元首相は全身サイコパス」

これ程サイコパスに塗れた官邸と比較できるのは民間の不倫だろう。不倫はせいぜい家族内の不都合であるが不倫の経過を見ると官邸のサイコパスに劣らない多彩,深度の実態がある。不倫の嫁、夫の最初の入り口はセックスである。国民の3割が不倫していると言われている。私はこれを最近日本に溜まっているストレスが原因だと判断した。官邸はなぜか理由が分からないほどのストレスを国民に与えてくる。無造作に与える。国民の8割が反対している法案を国会が通せば国民にストレスになるだろう。国会の多くの強行採決は全て国民のストレスになった。ストレスには軽傷から重症まで幅が広い。普通の人間でも軽度のストレスを抱えて生活するのだろう。重度は病気。中度でも苦しくなり何とかストレスから脱出したいと願う。そうなると不倫のセックスなどお手頃のストレス解消方法。世間はあらゆる種類の性犯罪に塗れている。セックスはストレスを忘れさせる。教員、警察、自衛隊、政府職員の性犯罪が大量に報道される。自衛隊二佐がオレオレ詐欺の「受け子」と言う驚愕する報道が数日前にあった。世の中が壊れたのかと一瞬感じた。【サイコパスは世の中を狂気に導く】

さて不倫の経過をご説明しよう。嫁が間男に股を開けば離婚と言うのがほとんどの場合。日本の離婚の原因で第一は不倫であろう。夫の場合も不倫相手の足を開けば離婚。これだけの離婚は日本の経済を壊す。家庭は労働力を社会に供給する拠点である。教育はスキルの上昇。家庭が破綻して出産が止まれば少子化の一要素。労働力不足、少子化の要因は不貞が原因の一部。労働力不足、少子化を詳細に分析すれば家庭の崩壊にもつながるだろう。不倫では托卵がしばしば報道される。間男の子供を夫の子と認知させ育てさせる。これなど究極の不倫サイコパスだろう。おそらくやり方が激しいので慰謝料で加算するのだろう。病院で検査して血が合わなければ究極の不倫決定。それからの離婚も多数。夫婦の性生活と不倫の性生活は別物。夫とのフェラチオは気持ち悪くてできないが間男とは毎回フェラアチオから始める。もちろん自分の陰部も十分になめさせる。セックスの濃度が違うのである。どうしても間男のテクニックが上に見える。こうして不倫のセックスは盛っていってサイコパスになる。見つからない間不倫がやめられない理由は別格のセックスなのだろう。複数の間男と関係を結ぶ浮気嫁がいる。無論複数の女と関係を結ぶ浮気夫もいる。頭脳がセックスのサイコパスになり性愛依存症になった例。【大方は不倫関係が明らかになり離婚する羽目になる】

不倫の果てに×が付いた男女に社会の風は決して甘くない。多くの場合経済の破綻が第一の山場か。有責者は普通の生活の中では大金が要求される。2・300万円、最近500万円と言う値段が出てきた。家族を壊された値段が200万は少ないだろう。まして愛していた嫁が間男に汚されたなら金など要らない男の命を望む場合もある。長期間の不倫托卵などの条件が揃えば1000万円の慰謝料も出てきた。25年間、30年間の婚姻生活の後の離婚も数千万円の慰謝料になることもある。妻を離婚するなら住んでいた家を妻に渡すなど結構多い慰謝料である。私は家族の崩壊を重要視するのでだいたい目安慰謝料の金額は当人一年分の収入と考える。親、親類の断絶など身に堪える対応を受ける。【親の断絶は本当にきついだろう】

安部賛歌百十九節九章

【安部の国葬に賛成する人たちの思考がサイコパス】

【サイコパスは世の中を狂気に導く】

【大方は不倫関係が明らかになり離婚する羽目になる】

【親の断絶は本当にきついだろう】

(黙)