老後 遺言書4700

老後 遺言書4700

「不起訴の理由を明らかにしていません」

裁判所、検察、警察には説明の無い判決をしばしば見る。説明の無い決心を社会に出すことはどれだけの事か。判決、決心を社会に流す時は説明することが憲法に書いてなかったか。少なくとも多くの判決に説明をつけるのは世の中の常識ではなかったか。国民は説明を読んで納得したりしなかったりするものだろう。説明の放棄は納得するもしないことも出来ない。これが国の行為であるところが事実を混乱させている。説明が無い判決が出ても国民からは批判さえも出て来ない。まず報道機関が批判をしているようには見えない。報道機関には説明の無い判決を社会問題であるという認識が無いのかあるいは弱いのか。説明の無い判決は社会問題である。説明の無い判決では社会が混乱するだろう。どうでもよい問題は深掘りして騒いでどうでもよい決着で報道も終わってしまう。ニュースの価値判断に乱れがあるのもそれぞれの報道機関の質、使命感にばらつきがあるからだろう。【私は朝日新聞がこの観点から数十年の愛読紙であるが毎日、東京などのニュウースの扱いにも共感を持つことが多い】。時に我が北海道新聞も菅に浴びせた質問からも共感することが有る。私は北海道民。

その朝日でさえニュースに取り上げた痕跡が見つけられなかった。説明の無い判決は度々出てくる問題なので読者の関心が薄れていると考えたのか。取り立てて政治の世界に限定するがこのような陥没のような空白の穴が少なくない。国民の無関心、報道の無関心な深い穴のような空間が相当ある事に私は前から気が付いていた。小さなものもあるが巨大と言える穴もある。モリカケ桜も度々で視聴者も引いてしまう問題に片づけられたがこの空間は火山のように煮えたぎっている中程度の穴になっているが最大の問題ではない。そう煮えたぎっている問題が穴に落ち込み世間から見えなくなっている問題が多くあるという事。説明なしの判決もその一つ。最大は破綻した財政を借金で補填するという考え方である。借金はサイコパス。サイコパスの終わりは破綻。日本の破綻である。これだけ大きな穴を国民が気が付かないことが日本のミステリー。【少なくとも国民の66%はこの穴に気が付いていない】。岸田の支持が66パーセントになったとか。岸田の支持など10%も得られる政治をしていない。政治でさえないと私は思う。とにかく安部、菅政治のマネであるのだから。

岸田内閣政策特集

「成長も、分配も」実現し、成長と分配の好循環を生み出す
地方から変革を起こし、コロナ後の新しい社会を開拓する~

「具体的に何をするかが書かれていない それより円安対策はどうするの これは具体的に行う事だろう」

政府の政策に説明の無い判決、決心が多い。なぜそういう政策になるか国民が理解できないことが少なくないだろう。なぜ日本が集団的自衛権になったのか理解、納得していなかった国民は8割にもなっていた。審議の最中国民に問いただした集団的自衛権で賛否を聞いたところ8割反対と言う数字が出た。8割が反対したら集団的自衛権は否決だろう。しかし国会では通過して日本の法律になった。この間の是非を説明する言葉もない。安部、菅の多くの曖昧な結論のように集団的自衛権も曖昧であるので実質集団的自衛権は国会を通過していない。国会を正規に通過しない法案も数多い。自民党の政治は決められた正規の手法で決められないものが実に多い。自民党の政治は多く架空の法治の上に立った誤った政策なのである。【自民党政治が終わりに差し掛かっていることもうなづけるだろう】

説明の無い判決は要するに説明がつかなかったという事。それかあまりにも馬鹿馬鹿しい嘘を繰り返すことが苦痛になったという事だろう。嘘の言い訳などなどそれほど種類も多くは無く狭い範囲の言い訳になる。あまりにもあからさまな嘘の言い訳になることを避ける意味があるのだろう。裁判所、検察、警察は政府だろう。先に触れた政府の政策の説明の無い提出も含めて説明の無い事は政府の姿勢なのであろう。説明された政策の多くに突っ込みどころがある。説明できない政治を続けているという事。ここでも自民党の終わりが予想される。安部、菅の政治など一つも納得できるものは無かった。モリカケ桜の犯罪でなくとも普通の政治でも不信感が色濃く残っていた。まともでない政治の後に残ったのが今の政治である。円安など国難とも言われる特殊な時代である。岸田の政治の全てが特殊な政策に見える。これから国民に食べ物が行き渡らないという時代に防衛費10兆円の増額など特殊ではないか。岸田の波乱万丈の政治を66パーセントの国民が支持。【これを幸先良いと見るか絶望の淵にいると見るかそれぞれ国民の見方によって異なる】

安部賛歌百十六節十章

【私は朝日新聞がこの観点から数十年の愛読紙であるが毎日、東京などのニュウースの扱いにも共感を持つことが多い】

【少なくとも国民の66%はこの穴に気が付いていない】

【自民党政治が終わりに差し掛かっていることもうなづけるだろう】

【これを幸先良いと見るか絶望の淵にいると見るかそれぞれ国民の見方によって異なる】

(黙)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中