老後 遺言書4749

老後 遺言書4749

「銃撃を受けて亡くなった安倍元首相の国葬について、市民団体が、国葬を実施することの閣議決定と、その予算執行の差し止めを求めて、東京地裁に仮処分を申し立てたことが分かった。」

当然出てくる世間の批判である。今の時点で安部の国葬に反対する国民は53%である。数日で反対の数はさらに下がる勢いである。一か月もしたら6割反対という事になるのだろう。8割反対であった集団的自衛を決めた時のように強行に国葬を行うのか。国民のストレスが溜まり民間で不倫などの性犯罪がまた盛ることになるのか。私は民間であらゆる性犯罪が盛っている理由は国が国民に与えるストレスのせいだと確信している。そう国民の不倫が盛っているのは国が国民に与えるストレスと言う図式が私の頭にできている。あり得ないという理屈を聞きたいものだ。軽度なストレスならだれでも持っているが中度、重度のストレスからは逃れたいという気持ちが強くなる。それが世間全体に拡散する。セックスはストレス逃避に使える。Youyubeのあらゆる種類の性犯罪の報道を見ていると世間が変わったと思いその原因が8年も続いた政府の強圧的で国民の納得しない政策が多くのストレスを貯めたからと思っている。【ちょっとした社会分析であるが諸氏の意見が伺いた】国葬で国民の中のストレスはまた高まるだろう。

~市民団体が、国葬を実施することの閣議決定と、その予算執行の差し止めを求めて、東京地裁に仮処分を申し立てたことが分かった。~は日本がまだ民主主義国家であるから出来たこと。伊藤詩織さんの民事が勝利したのも民主主義であったから。やはり日本は民主主義国家であったのだと確信できる事象である。伊藤詩織さんの裁判で私が不思議でならないのは民事では勝利したがおそらく最高裁も関与したのだろう日本の本裁判の方は山口が無罪。同じ司法で真逆な結果でも憲法、法律的に認められるのか。こういう曖昧さが社会には普通に通っている。民事では山口は強姦犯である。本裁判では無罪。こんな真逆が法律の世界で通ってもいいのか。もう一つ不思議であるのは山口の逮捕を空港で止めた中村格が犯罪人にはならない。強姦犯を救護したのだから山口格も犯罪者だろう。少なくとも共犯者だろう。共犯者も犯罪者。中村は真っ新普通人として警察長官に任命。私は犯罪者が警察長官になったと少なくとも10回はブログに書いた。不思議なことに同じ趣旨の報道を一つも見ない。ネタとしても報道が盛り上がるはずであるが私が見られる範囲の新聞、TV、インターネットには全く無いのである。どこかに報道が止められているととうとう私もあまり書かなくなった。【犯罪者が警察長官になったというエキセントリックな事件が全く世間に出て来ない】。安部の国葬ほどのエキセントリックである。

同じ不思議さが下村博文である。下村は省の部長が決裁した旧統一教会の教会名変更であるから私は知らなかったことと言い訳。こんな無理筋の言い訳世間に通るはずがない。子供の悪戯のような言い訳。省の細かな慣例、規約については一般国民には分からない。恐らく文章が徐々に上位に上がっていって省の文章になるのだろう。省の文章になる時最終決裁者は大臣になるのだろうと思うのが一般の国民の感覚。名前の変更などの案件は大臣を通らないで省の文章に出来るのか。前川喜平氏は文科省の官僚だった。文科省内の文章の進み方など十分に知っている。はっきり決済は大臣の下村が出したと言っている。国民の全ては下村が旧統一教会の名称変更を意図して省内で名称変更を進めていたことは分かっている。それを省内の煩雑な職務遂行の合間に潜り込んで言い訳しているのも理解している。同じことを国民は何度も経験して知っている。下村は報道の中で官僚から「役所に請求された案件の実行を行わなければ申請者から文句が来る」と言われたと話しているように聞いた。この言葉が下村の決済の理由であったという。文科省が長い間旧統一教会の名称変更を拒否していた。下村の「私は知らなかった」が嘘であることは明白。名称変更で間違って旧統一教会の悪事にひかかってしまった多くの日本人の被害額が驚きの巨額。多くと言っても数十人ではない数百、数千。数万の単位で被害にあっている。下村はこの犯罪の当事者である。何やらちょっと釈明らしい言葉を吐いていたがその言葉が真実なら被害者たちに損害の補償をやればいい。下村は安部以上の嘘つきと言われている。国民的嘘を数回ついている。

銃殺犯は下村を銃殺した方が正解だったのではないかと言う人もいる。【下村のような嘘つきが政府の高官をやっているから安倍政権、自民党はまともな政治が出来ない】

~前川喜平氏「100%下村が名称変更した」 下村「これから旧統一教会との関係を絶つ」そんなことどうでも良い名称変更で膨大な損害を日本人に与えたことの責任を取るのが日本の法治だろう 責任とは国民の被害の賠償だろう 旧統一教会の犯罪は政府がやった~

「こんな嘘つきが日本の高官 まともな政治が出来るわけもない」

知らなかったが国葬になる人は皇室の当主だそうだ。旧統一教会と安部の関係で次々と醜悪な安部の隠れた部分が解明している。安部が皇室と並ぶ人望、人気があるか。安部の死は非業の死ではない自業自得で愚かな死である。銃殺犯はまことに適切な人を殺した。安部以外銃殺されて喜ばれる人物はいないだろう。私は喜んだ。死刑が当然の犯罪者であった。安部ほど民主主義を壊したものはいないだろう。モリカケ桜は民主主義を破壊したサイコパス。公文書改ざんも安部が犯人でサイコパス。【安部の事を書かせると私の筆は進む】

安部賛歌百二十節六章

【ちょっとした社会分析であるが諸氏の意見が伺いた】

【犯罪者が警察長官になったというエキセントリックな事件が全く世間に出て来ない】

【下村のような嘘つきが政府の高官をやっているから安倍政権、自民党はまともな政治が出来ない】

【安部の事を書かせると私の筆は進む】

(黙)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中